納得できる話をして成長し、健康になる

肩こり・不眠改善。腰痛への心理療法。父親母親の相談。子育てと高齢者の支援。苦労と精神不調・疲労身体症状・神経発達などの健康相談。夫婦と離婚の相談。認知症。自分を知りたい・変えたいと願う人への助言。人格教育。生き方・身の上相談。 道徳。ヴェール心理カウンセリング。

自分を律する力を高く評価する「自制心信仰」

自分を律している人はすごく偉い、あるいは自分を律することはとてもすばらしいことである、という考えを信じ込んでいるのが「自制心信仰」です。

自制心があることや自制心が強いことを本質も知らずに闇雲に高く評価し、自制心がないことや自制心が弱いことをまるでダメであるかのように低く評価する、この極分化が問題です。

というのも、自身をコントロールしすぎて様々な問題や症状が生じている人たちが世の中にはたくさんいるからです。

しかし、そういう人たちは自身の自制心の問題に気づいていないことが多く、かつ、そういう人たちが世に知られることはほとんどないので問題が表面化せず、結果的に自制心を強く鍛えることは素晴らしいことである、といった信仰につながってしまいます。