納得できる話をして成長し、健康になる

自分のことを話せる専門家をみつけておくことが大事です。不眠改善へのメンタルヘルスケア。父親母親の相談。苦労と精神不調・疲労身体症状・神経発達などの健康相談。自分を知りたい・変えたいと願う人への助言。人格教育。生き方・身の上相談。ヴェール心理カウンセリング。

何でも自分の力でこなしたい過活動の女の人

1970年代頃にアメリカではスーパーウーマン・シンドロームが流行しました。

女性が自立と地位を求める運動の中で、仕事も家事も遊びも完璧にこなしたい女の人が増え、自身を追い込む圧力で疲労消耗していた時代がありました。

日本も過去にそのような時期がありました。

欧米から日本へ数十年も遅れてやってきた流れは、キャリアウーマン志向として多くの女の人が憧れ、それを目指しました。

もしかしたら、いまでもその志向が続いているのかもしれません。
すこし形を変えて。

様々な能力・知識を身につけたい、向上したい、キャリアも積みたい、お金も稼ぎたい、素敵な人になりたい、自分を磨きたい、いろいろな人と知り合いになりたい、遊びや旅行もしたい、恋もしたい、子育てもしたい、オシャレな店や美味しい飲食店を知り尽くしたい、そしてそれらを知らない(情報をもっていない)人たちに教えてあげたいという志向です。

そうした自己圧力と過活動によって、行動力は減らなくても疲弊していると考えられます。

過活動な女の人からすれば、「私は好きで行動しているだけで世の中の流れは関係ない」とお思いになる人もいるかもしれませんが、歴史の流れからみれば欧米の歴史を繰り返しています。