納得できる話をして成長し、健康になる

肩こり・不眠改善。腰痛へのメンタルヘルスケア。父親母親の相談。子育てと高齢者の支援。苦労と精神不調・疲労身体症状・神経発達などの健康相談。夫婦と離婚の相談。認知症。自分を知りたい・変えたいと願う人への助言。人格教育。生き方・身の上相談。 道徳。ヴェール心理カウンセリング。

人格の問題と「自分は正しくて世の中は間違ってる」主張

人格(パーソナリティ)に問題を抱えている時期には、だいたい「自分は正しくて世の中は間違っている」と主張していたりします。

「世の中はおかしい」とか「世も末(すえ)だ」とか「ろくでもない奴が多い」などと言うことが多くみられます。

その内容は結構正論な部分もあり、おかしなことを言っていることはあまりありませんが、ただ、発言内容が極端で、言葉遣いや表現方法が過激で攻撃的なために、他人からみると良い印象を受けません。

それで周りの人から「あの人は怖い」とレッテルを貼られることになります。

しかし、そういうことをしていても、本人が精神的に成長していくにしたがって、自身のしている発言に問題があることが自らわかってきて、だんだんと落ち着いてくるようになります。