ヴェール心理カウンセリング【話して精神安定】

精神不安定や不安障害、疲労症状、睡眠障害の健康相談ができます。夫婦関係や離婚の相談。精神神経や発達障害の相談。心理学の学習塾・教室。社会を知るための学習。不満・愚痴の傾聴。苦労や辛い思いを聴きます。電話相談、オンライン 0463-62-0325 神奈川県中郡大磯町大磯1184 加藤直樹

怒りの感情をどのように処理しているか

「怒り」はとても扱いにくい感情で制御しにくく、外に向かえば暴力や威圧、挑発になるし、内に向かえば自己懲罰になります。

怒りが外に向かう場合は、あまり自覚がなく誰かしらに向けて発散されています。

たとえば、店員や職員、家族に八つ当たりをしたり、自動車に乗って嫌がらせをしたり、SNSなどネットで挑発的な表現をしたり、非難したり悪口を書いたりして発散している。

その際、自分は正当で相手は悪者であるという意識であることがほとんどです。

怒りを吐き出せば、それを食らった人や書き込みを読んだ人は当然怒りがわいてきますから、自分のなかにあった怒りは相手の怒りに替わります。

つまり、自分のなかから怒りが移って無くなります。

そういうふうにして自身の怒りを別の人に転移させることによって処理をし、自分を穏やかにしています。

しかしそれは同時に相手を巻き込み、相手に怒りを生じさせていることになります。