納得できる話をしましょう

ヒトを理解する

自分が育てられたように子どもを育ててしまう

子どもを育てるにあたって、自分が親から育てられてきたようにしか育てられない、ということで悩んでいる人もいます。

子どもへの接し方においても、自分が親から受けてきた接し方しか知らないがゆえに、それ以外の接し方を身につけようがないという気持ちなのです。