納得できる話をして成長する

わからないこと・理解できないことを質問できます。脳・精神・生命・神経について。人格・道徳の相談。思考・信念・行動。身体感覚、生理。注意・共感機能。

吐き出したい感情を我慢できずに、その場で言ってしまう

精神分析には「肛門期」という概念があります。

「肛門期」というのはいわゆるトイレット・トレーニングの時期のことです。

トイレに行きたくなった時にその場では我慢して、トイレに入ってから排出する、ということを学習しています。

それを感情に当てはめてみると、自分のなかに嫌な吐き出したい感情があっても、やたらめったらその辺で排出しないし、まき散らさない。

人前では文句や不満を言わず、周りに迷惑が掛からないような所で言ったりする。

ところがこの肛門期に問題を抱えていると、感情の我慢・排出がうまくいかないので、人前で文句や不満を口にしたり、相手をけなしたりしてしまう。

それで原因論として、「幼少期に何か問題があるんじゃないか?」と一般的に言われたりしますが、それは精神分析の理論を元にしています。