納得できる話をして成長し、健康になる

肩こり・不眠改善。家庭・家族相談。苦労と精神不調・疲労身体症状・神経発達などを理解する。夫婦と離婚の相談。自分を知りたい・変えたいと願う人への助言。生き方の相談。人格教育。 寄付のご支援・援助をお願いしております。ヴェール心理カウンセリング。

自分の感覚に鈍く、私の身体は頑丈だと勘違いしている

仕事をバリバリこなしている人のなかには自分の感覚に鈍くなっていて、ストレスを感じているんだか感じていないんだか分からなくなっている人がいます。

疲れや仕事のしんどさに鈍くなっているがゆえに、「私の体は頑丈にできている」などと勘違いしていることが多い。

そして疲労やしんどさが分からないのでいっそう仕事を頑張るわけです。

ところがそのうち心身の機能に支障が出てきて、胃潰瘍になったり、めまいがしたり鬱っぽくなったり、また情緒が安定しなくなり、ひどくなるとパニック障害になったりします。

人によっては人間関係がうまくいかなくなったり、夫婦喧嘩(あるいは恋人との喧嘩)が多くなったりして、それでやっと相談に来られたりします。

そういう時に何て言われるかというと、たいてい「自分は大丈夫だと思ってました」と言われます。