納得できる話をして成長し、健康になる

肩こり・不眠改善。腰痛へのメンタルヘルスケア。父親母親の相談。子育てと高齢者の支援。苦労と精神不調・疲労身体症状・神経発達などの健康相談。夫婦と離婚の相談。認知症。自分を知りたい・変えたいと願う人への助言。人格教育。生き方・身の上相談。 道徳。ヴェール心理カウンセリング。

大人における「ヤダ、ヤダ」と嫌悪・拒絶をする精神状態

子どもの自我期、反抗期では、子どもに何をしてあげても「イヤ!」と言います。

でも、その時期を過ぎれば「イヤ!」と言うことはなくなりますから、それまでの我慢と考えることができます。

ところが大人においても「ヤダ、ヤダ」と嫌悪・拒絶する精神状態になる場合があります。

何をしてあげても、こちらの親切を無にするかのように「ヤダ」と口に出して言います。

子どもだから「イヤ、イヤ」と言っても周りの人は我慢できますが、これが大人となると周りの人は我慢できません。

ほとんどの人たちは嫌気がさしてしまい、付き合いきれずに離れていってしまいます。

大人におけるこのような精神状態には対応がとても難しく、とてつもない忍耐力が要求されます。