ヴェール心理カウンセリング【話して精神神経安定】

精神不安定や不安障害、疲労症状の健康相談ができます。親子問題や夫婦関係・離婚相談。感覚過敏や神経発達障害の相談。更生支援。ひきこもり支援。不登校。行動心理学・人類学の学習塾・教室。不満・愚痴の傾聴。苦労や辛い思いを聴きます。電話相談、オンライン 0463-62-0325 神奈川県中郡大磯町大磯1184 加藤直樹

心の病の原因を求めるのではなく、本人の未来をみていく

ほとんどの人が心の病の原因を知りたがります。
あるいは探究したがります。

なぜなら原因を知ることができれば治せるかもしれないと考えるからです。
また、本人の精神状態を少しでも納得できるからです。

家庭環境とか精神的ショックとか辛い出来事とか、あるいは脳内物質、遺伝、性格、感受性の強さといったものが挙がってくるかもしれません。

確かにそれは要因の一つでしょう。

しかし原因はそう簡単に決めつけられるものではなく、たくさんの要因が複雑に絡んでいます。

ですから原因を探究すればするほど、次から次へと「これじゃないか、あれじゃないか」という要因が出てきて、結局、全部が原因じゃないかということになりがちですし、じゃあどうしたらいいんだということでよく分からなくなってきます。

ですから原因探しよりも、本人の未来をみていく方が大切です。

本人の話を聴きながら、これからどうしていきたいのかを一緒に考えていくのです。

もちろん、本人あるいは周りの人たちがどうしても原因を知りたいという場合には、専門家は本人の話を聴きながら納得できる原因のいくつかを導き出し説明することはやるべきだと思います。

ただその場合でも、専門家は未来に対する方向性をもっていなければなりません。