納得できる話をしましょう

ヒトを理解する

学問として宗教を知る

宗教というと信仰するとか入信するとか、そういうことを思い浮かべる人も多いと思いますが、そうではなくて学問としての宗教、つまり宗教学を知ることが大切です。

正月は神社に行って、お葬式をするときはお寺に行って、結婚式を挙げるときには教会に行く、といったことを日本人はしていますけど、いったい宗教とはどういうものなのか、自分にとってどんな意味があるのかを知ると、生きることや死ぬことがこれまでとは違って感じとれるようになります。