納得できる話をして成長する

わからないこと・理解できないことを質問できます。脳・精神・生命・神経について。人格・道徳の相談。思考・信念・行動。身体感覚、生理。注意・共感機能。

ネイティブ・アメリカンの知恵と仏教の知恵

ご存じのようにアメリカ大陸にはもともと先住民がいて、ヨーロッパ人がネイティブ・アメリカンをどんどん追いやって、自分たちの近代社会を築きあげていきました。

ところがその近代社会に行き詰まりが出てくると、今度は追いやったネイティブ・アメリカンの知恵を奪って、「スピリチュアル」だとか「ヒーリング」だとかいって、お金儲けの手段にしている。

お金儲けの手段にしているから、「スピリチュアル」や「ヒーリング」といっても宗教性がまったくないので、受けたとしても何も癒されない。

ただの形だけです。

ネイティブ・アメリカンは、そこに宗教性があってはじめて人は癒されるのだと言っている。

宗教性といっても特定の教えを信じるというような宗教とは違います。
信心という意味です。

 

仏教も一部ではじわりじわりとビジネス化していますでしょ。
坊主バーとかね(笑)。
宗教性も何もない。

仏教というのは知恵の結晶みたいなものだから、きちんと知れば(身につければ)とても「ため」になるものなんだけど、そこにビジネスが入ってきて、「仏教(の要約本)を読めば人生が変わる」とかいうふうになってしまうと、ものすごく薄っぺらいものに変わってしまいます。