ヴェール心理カウンセリング【話して精神神経安定】

精神不安定や不安障害、疲労症状の健康相談ができます。親子問題や夫婦関係・離婚相談。感覚過敏や神経発達障害の相談。更生支援。ひきこもり支援。不登校。行動心理学・人類学の学習塾・教室。不満・愚痴の傾聴。苦労や辛い思いを聴きます。電話相談、オンライン 0463-62-0325 神奈川県中郡大磯町大磯1184 加藤直樹

心理カウンセラー自身がカウンセリングを受けるとわかること

心理カウンセリング学やメンタルヘルス学を学ぶ人はたくさんおります。

その際に、まず学ぶ本人が心理カウンセリングを受けることが必要です。

知識や技法だけを学ぶのではなく、カウンセリングを受けるということがどういうことかを学ぶのです。 

 

そうすると、カウンセリングを受ける側の人の気持ちがよくわかってきます。

クライエントになってみると、たとえば、「このカウンセラーは私の話を本気で聴いているのかな」とか、「カウンセラーは『うん、うん、そうですね』とか言っているけど、本当にわかっているのかな」と、そういうことを感じると思います。

 

 また「共感するとか言っていながら、教科書に書いてあるような理屈を押しつける」、「『何千人も診てきたから治せる』と偉そうに言う」とか、「フレンドリーさをアピールしたいのか、ため口をきく」とか、「私が苦労話を話したいのに、カウンセラーが自分の苦労話をしている」とか、そんなことも感じると思います。