納得できる話をして成長する

脳機能・精神生命・神経発達の専門。人格・道徳の相談。思考・信念。身体感覚や精神失調・不安障害、生理健康の相談ができます。注意・共感機能。心理学の教室。

親から関心を得られなかった子は刺激の多い世界に入ってしまう

親が子どもを理解しようとしなければ、子どもはどんどん激しいことや無茶な行為をやろうとします。

そうしないと親は気づいてくれないし、自分に関心を持ってくれないと感じるからです。

 

だから子どもが激しい行為をしている時は説教をするのではなくて、親は自分自身について深く考えることが必要です。

子どもを理解していこうとできないのは何故か、子どもに説教したくなるのは何故なのか、子どもの行為を通じて自分自身のことををよく考えなければなりません。

 

そして残念ながら、親の関心を得られなった子どもの多くは、自分に関心を集めようとして刺激の多い世界に入ってしまうことが多い。

また誰にも相談できずに、と言いますか、真に信頼できる人がいないために、身を削るような生き方をしてしまいやすい。