納得できる話をして成長し、健康になる

肩こり・不眠改善。腰痛への心理療法。父親母親の相談。子育てと高齢者の支援。苦労と精神不調・疲労身体症状・神経発達などの健康相談。夫婦と離婚の相談。認知症。自分を知りたい・変えたいと願う人への助言。人格教育。生き方・身の上相談。 道徳。ヴェール心理カウンセリング。

心理の本に書かれていることを実践してもうまくいかない

一般に売られている心理の本を読んで、「ああ、これはいいことが書いてあった。参考になった」などと感じることも多いでしょう。

なかには「早速これを実践してみよう」なんて思う人もいると思います。

ところが、やってみると大抵うまくいかない。

むしろ良くない結果になったりする。

心理の本に書かれている内容はその人個人の体験・主観ですから、書かれてあることを自分に当てはめてやろうとしても、うまくいくものではありません。

たとえば仕事で業績を上げた人の体験談を読んで真似してみてもうまくいかないのと同じです。

やっていることは同じでも、実行している本人は別人なのですから、まったく違った結果が出るのは当然です。

ですから、心理という知識を自分に当てはめて使おうとするのではなく、心理の知識をもって自分の考えを深めていくことが、心理を意味あるものにしていきます。