納得できる話をして成長し、健康になる

肩こり・不眠改善。腰痛へのメンタルヘルスケア。父親母親の相談。子育てと高齢者の支援。苦労と精神不調・疲労身体症状・神経発達などの健康相談。夫婦と離婚の相談。認知症。自分を知りたい・変えたいと願う人への助言。人格教育。生き方・身の上相談。 道徳。ヴェール心理カウンセリング。

相談相手からしつこく付きまとわれて腹が立つ結末

悩んでいる人を助けてあげたい、助言をしてあげたいと考える人は多くみられます。

ただ、相談を受ける知識や技量がないのに、その人の悩みを聞くなどして相手の世界にむやみに介入すると、相手の悩みの深さ、言い換えれば、つらさや苦しみや葛藤の粘着に巻き込まれていくことになります。

相手の優柔不断な態度や実行しようとしない姿勢、つねにネガティブにとらえる思考、何度助言しても理解できない、あるいは覚えていない認知能力の程度に接するうちに、イライラすることや煩(わずら)わしく感じることが増え、だんだん自分の時間を邪魔されて付き合いきれなくなり、途中で投げ出してしまうといった、相手にとっては可哀相な状況になることがあります。

あるいは、相談を受けたまではよかったけれども、それ以降、相手から頼られて、しつこく付きまとわれて、いい加減にしてほしいと言っているのにそれが相手には通じないから、腹が立ってきて怒ってしまう、となることがあります。