ヴェール心理カウンセリング【話して精神安定】

精神不安定や不安障害、疲労症状、睡眠障害の健康相談ができます。夫婦関係や離婚の相談。精神神経や発達障害の相談。心理学の学習塾・教室。社会を知るための学習。不満・愚痴の傾聴。苦労や辛い思いを聴きます。電話相談、オンライン 0463-62-0325 神奈川県中郡大磯町大磯1184 加藤直樹

何かあると自分が悪いと感じてしまう自責意識

何か問題が起こったときに、「私に問題があります」と責任をとる姿は人格的に素晴らしい。

ほとんどの人が大人だなあと感じるはずです。

男女関係においても揉め事が起こったときに、「私の方が悪かった」と責任をとれば、とった方が大人でいられます。

しかし、それは人間としての安定基盤や精神基盤ができ上がっている人の話です。

幼いころから「自分が悪い」とか、「自分のせいで問題が起きている」と感じている人も少なくありません。

そういう人は、自分と全く関係のない出来事が起こっても、自分が原因で悪いことが起こったのだと考えてしまい、自責意識(罪悪意識)に悩まされています。