納得できる話をして成長する

脳機能・精神生命・神経発達の専門。人格・道徳の相談。思考・信念。身体感覚や精神失調・不安障害、生理健康の相談ができます。注意・共感機能。心理学の教室。

身体が本人の命を守るために発症する

無理をした状態、あるいは過度な緊張状態がずっと続くと、症状が生じやすくなります。

ところが本人は無理した状態をやめようとしないことが多くみられます。

というのも、人にはそれぞれ事情がありますから、そんな簡単にはやめられないのです。

お金の事情もあれば家庭の事情もありますから。

そして無理がたたって発症することになります。

ストレスを感じるという警告を受けていたにもかかわらず、無理を押し通したために、身体にわかる形で出てきたのです。

つまり、身体が本人の命を守るために、現在の事態を変えようとして症状が生じます。