ヴェール心理カウンセリング【話して精神安定】

精神不安定や不安障害、疲労症状、睡眠障害の健康相談ができます。親子問題や夫婦関係・離婚の相談。精神神経や発達障害の相談。心理学の学習塾・教室。社会を知るための学習。不満・愚痴の傾聴。苦労や辛い思いを聴きます。電話相談、オンライン 0463-62-0325 神奈川県中郡大磯町大磯1184 加藤直樹

自己啓発・自分磨き

自分のしたいことがあっても、あえてそれをしないという考え

「自分のしたいことがあっても、あえてそれをしない」という考えを持つことも大切です。 したいことがあり、それを可能にする時間もお金も力もあったとして、それでも「したいことをしないでいる」ということです。 現代は自分のしたいことをして欲を満たす…

コミュニケーション能力を向上させるための講習というもの

研修やセミナーなどで、「コミュニケーション講習」といったものがよくあります。 そうしたものはコミュニケーション能力を向上させるのが目的であり、「こういうことを話したらいい」とか、「こういう話し方や聞き方をしたらいい」、あるいは「こんな態度を…

「人生戦略」などという言葉

精神的に若かったり未熟な場合、人生を勝ち負けで判断しがちです。 たとえばそれは、自己啓発レベルの思考における「人生戦略」などといった言葉にも表れています。 わたしたちは何ゆえに生きているのかを深いレベルで感じられるようになると、とても「戦略…

世間の「ポジティブになろう」という発言の中身

多くの人が言う「ポジティブになろう」という発言の中身は、明るく楽しく前向きに生きることが良いことだ、という“だけ”のものです。 そういう薄っぺらいポジティブは、その陰に隠れている問題を考えずに過ごそうとしたり、嫌な面を見ずに済ませようとするも…

品位は顔にも言葉にも出る

世間でよく言われるように、歳を経てくると「品位」というのが顔にも出ますし、ちょっとした言葉にも出るようになります。 品位というのはしばしば勘違いされますけど、オーラとかキラキラ輝いているとか、そういうものではありません。 つつましさとか奥ゆ…

考えを深める体験を積んでおく

困ったときに相談や質問をして、パッと答えてくれる人がいてくれるのはありがたいですし、時には必要です。 一方で、いつもそのようにして人から答えをもらって、わかったような気になってしまうと、浅いところで解決してしまいますから思考が深まりません。…

家庭環境に恵まれなくて自己啓発しても自分が変わっていかない

家庭環境に恵まれなかった人たちの多くが、自分自身が心理的な問題を抱えていることに気づいています。 人に嫉妬したり、人を疑ったり、人を裏切ったり、人との縁を切ったり、約束を破ったり、相手を怒らせたり、相手を罵倒してしまったりして、人間関係をう…

中身のない無理をしている感じの挨拶言葉に薄っぺらさを感じる

「今日も明るく元気に」とか「楽しい週末を」とか、「ハッピーに生きよう」とか、そういう“中身のない”“無理をしている感じ”の挨拶言葉は、人間の深い部分をみている人にとっては薄っぺらく感じます。

遊ぶことを純粋に楽しむ

習い事をして技能を向上させることを喜ぶのもいいですが、向上に関係なく、遊ぶことを純粋に楽しめるといいと思います。

精神的成長とはどういうことか

精神的成長とは、自分自身を深く理解し、自分自身を省みれる能力を身につけていくことだと私は考えています。

「乗り越えられない壁はない」と言える時

「乗り越えられない壁はない」と言える時は、だいたい自分の気づかないところで周りのみんなが助けてくれていたりします。 それゆえ「どんな困難でもおそらく大丈夫」と感じられるのです。 だから「乗り越えられない壁はない」と言える人は幸せ者です。

自分のことに自覚がないとアドバイスをもらっても活かせない

自分のしていることに自覚がないと、いくら良いアドバイスをもらってもそれを活かすことは難しいです。 良いアドバイスを聞いたなと感じても、それによって発言や行動が変わるわけではなく、今まで通りの態度が出てしまうからです。 「私は人からもらったア…

「こう考えたらいい」とうたう人生論の本を読みたがる場合に

人生について書かれた書籍などにありがちなのは、「こういうことをやったらいい」とか「こう考えたらいい」などと書かれたものです。 そういうものを読みますと、参考になったりヒントをもらったように感じて、次から私もこれを実践しようなどと考えてしまう…

自己向上に励んでばかりいて、相手を分析・批評しがちになる

自分の能力を向上させることにばかり精を出していると、相手を分析したり批評したりする傾向が強くなる場合があります。 相手の事情を深く考えたり、相手の立場になって話を聴くことがおろそかになりがちです。

何のために自己向上しようとしているのか

私たちは向上志向や上昇志向が身に染みついていますから、何かしら向上していくことに価値があるとみなしています。 それゆえ、向上している人をみると格好いいと感じ、自分も向上しようとします。 しかし今一度、深く考えなければいけないのは、「何のため…

心を磨くことはつらい作業

心を磨くってみなさん簡単に言いますけれども、心を磨くことは非常につらい作業です。 そんなことはないと考えている人は、私のところにいらしたらいいと思います。 心を磨いている間につらくなってやめたくなりますから。

相手を変えるにはまず自分から、といっても…

「相手を変えるには、まず自分から」というのは、相手の対応や周りの状況をつくっているのは自分だから、その自分が変われば相手も変わる、ということです。 たしかにその通りでしょうし、ほとんどの人がそれをわかっていると思うのですが、しかし、なかなか…

自分を成長させるための行動と体験

「新しい自分に気づく」とか「見聞を広めて成長する」といって、いろいろな所へ旅行してみたり、いろいろなことに挑戦している人も多いでしょう。 そして体験してみると「人生が変わった」とか「視野が広がった」なんて感じたりするのですが、また普段の暮ら…

セミナーなどで自己向上欲求をあおられる

ビジネスセミナーや自己啓発セミナー、あるいはコーチングなどで、とくに若い社会人向けにキャリアアップとかスキルアップとか、パーソナルブランディングといったようなことをしきりにうたっているのが見られます。 これらは、人が元々もっている「自分の価…

自分にふさわしくない人たちと過ごしている

世間に流布している「人生を変えるためにやめるべきことリスト」といったようなものの中に、「自分にふさわしくない人たちと過ごすのをやめなさい。」などといったことが書かれていたりします。 こういうのを読んで、「ああ、私は良くない人たちと一緒につる…

素晴らしい人格者として背伸びして生きている

「素晴らしい人格者にならなければいけない」と自身を律して、背伸びをして生きていることが、窮屈さをつくりだし、不満を生み出し、そしてイライラや衝動的行動を生じさせます。