ヴェール心理カウンセリング【話して精神安定】

精神不安定や不安障害、疲労症状、睡眠障害の健康相談ができます。親子問題や夫婦関係・離婚の相談。精神神経や発達障害の相談。心理学の学習塾・教室。社会を知るための学習。不満・愚痴の傾聴。苦労や辛い思いを聴きます。電話相談、オンライン 0463-62-0325 神奈川県中郡大磯町大磯1184 加藤直樹

恋愛

若い女の人の「だいたい男っていうのは…」という文句

若い女の人が男の人に対して「うざい」とか「きもい」などと言うことがあります。これは仕方がないのもわかります。男の人がしている未熟な行為をよく見聞きすることがありますから。 ただ、「だいたい男っていうのは…」といって男全体に文句が始まる場合は…

恋人ができない悩みと、恋人ができてからの悩み

恋人ができなくて悩んでいる時には、「どうやっても出会いを見つけるか」とか、「いい男性(女性)をどのように落とすか?」というテクニックを知りたい人も多いかも知れません。 そういう情報を知れば、素敵な人とつき合えるかもしれないと考えるからです。…

「あの人と付き合うのをやめた方がいい」と友人に言われて

「あの人と付き合うのをやめた方がいい」と友人に言われて、その忠告を聞き入れる人もいれば、聞き入れない人もおります。 自分で大変な思いを体験してみないとわからないと考える人や、恋愛や友人関係は自分の意志で決めるものと考えている人は、友人からの…

異性関係を良くしようと力(りき)みすぎ

異性関係や同性関係が良くないのでそれを変えようとしている時に、どうしたら良くなるかと頭で考えすぎてしまうと、相手に気軽に接することができなくなることがあります。 言い換えれば、力(りき)みすぎて空回りしてしまう。 たとえば、あらかじめ何を話…

不倫や恋愛など男女関係の悩み

不倫や恋愛など男女関係で悩んでおられましたら、私にご相談ください。

自分の決めたこだわりを通しているために恋愛経験ができない

恋愛がうまくいかずに苦しんでいる人の中には、恋愛に関して「ある特定のこだわり」をもっていたりします。 こうじゃないとダメとか、これは譲れないとか、これは許せないとか、何か理由があるわけでもなく何となくそう決めている。 自分の決まりから外れる…

悩みを言ってもわかってもらえないので言わなくなる

悩みを抱えている人が悩みを話さなかったりするのは、人に言ってもわかってもらえないと感じているからです。 わざわざ身を削って話したところで、またどうせ無駄に終わると思うと話す気が起きないのです。 たとえまた言ったところで、たいてい誰からも同じ…

「彼氏(彼女)ができない」、「あの男(女)はダメ」といった愚痴や不満

「彼氏ができない」「彼女ができない」、あるいは「あの男はダメ」「あの女はダメ」といった愚痴や不満を友人に聴いてもらうのもいいでしょう。 しかし毎度毎度、同じ愚痴や不満を言っていても精神的な成長は起こりません。 言いたくなった時は心理療法家な…

恋愛がうまくいかない時の自己評価の低下

恋愛が全然うまくいかないと、自分は人間としてダメなんじゃないかと考えて落ち込んでしまうこともあります。そのようなときは私に気持ちを話してください。

誰しも恋愛で悩んだり苦しんだりしている

誰しも恋愛で悩んだり苦しんだりします。 人は昔から恋愛で悩み苦しんできたのだから、古人から学べば恋愛がうまくいきそうなものですが、現実にはそうはならない。

彼氏や彼女ができない原因を自分の側に深く求める

彼氏や彼女がずっとできず、恋愛がうまくいかないと悩みはじめると、「なぜ私は恋人ができないのか」という自分の側の原因を考えることになります。 それは誰しもすることですが、ただあまりにも深く考えすぎて「なぜ」「なぜ」ということばかり考えて答えを…

願っていることと実際にしている行動のズレ

自分が願っていることと、実際にしている行動にはズレがあります。 これは大なり小なり誰にでもあることでして、ズレがあまりにも大きくて乖離(かいり)している人もおられます。 そのズレが大きく開いてくると疑問も大きくなってきます。 たとえば「どうし…

異性や友人との出会いがないことの相談

異性との出会いがない、友人との出会いがないということで悩んでいましたら、話をしにいらしてください。

恋愛がうまくいきそうになると異性と距離をとってしまう

恋愛もしたいし、好きな人もほしいけれども、恋愛がうまくいきそうになるとその状況を避けてしまう。 相手の何が嫌とか、相性が合わないとかでもないのに、相手との距離感が近くなると、その人との距離を取ってしまい、どうして自分はこうなんだろうと悩んで…

どうしてあんな人と付き合っているのかという疑問

周りにいる人から見ると、「あんな人と付き合わなければいいのに。あんな人と付き合っているから人生が良くない方向にいくのに」と感じることがあります。 しかし本人にとっては、そういう「あんな人」と付き合うことに何らかの意味があったりします。 それ…

モテるけれども彼氏(彼女)ができない

モテるんだけど彼氏(彼女)ができないと悩んでおられる人もいます。

恋人に好かれたい気持ちから自分に無理をさせる

恋人に好かれたい、あるいは恋人本人の評価を高めたいと考えて、恋人に対して本来の自分ではしないような無理をしていますと、次第に怒りが積もっていき、イライラすることが多くなったりします。 無理をしてしまう気持ちはわかりますが、あまり無理をしない…

男や女をひとくくりにしてけなしたくなる

「どうして男はこうなのか」とか「なぜ女はこうなのか」などと、男や女を一括(ひとくく)りにしてけなしたくなる時が誰にでもあります。 接する男たちがいつもそうだったり、あるいは接する女たちが毎回そうだったりすれば、そのように言いたくもなります。

恋愛を語る際は自分の体験や記憶から話をしがち

恋愛を語る際は、たいてい自分の体験から感じたことや過去の記憶を話しがちです。 または、友だちが経験したことを見聞きして、それを知っているだけです。 つまり、その程度しか知らない。 その程度で恋愛とはこういうものだなどと判断していたりします。 …

人を喜ばせたい気持ちの空回り

「人を喜ばせたい気持ちや行為」が空回りしてしまうことは、過去につらい経験をしてきた人によくみられます。 もちろん、人を喜ばせる行為に意味がないということではありません。 意味はあるのですが、本人がその意味を理解する前に、空回りしていることの…

恋愛がうまくいかなくて泣きたくなる

どうしたら今より良くなるかと考えて、「こうしたら幸せになる」とか「こうしたら恋愛がうまくいく」ということを、皆さんいろいろ試したり努力されていると思うんです。 でも生きていたらいろいろありますでしょう。 良かれと思ってやっているのに全然うま…

相手の悩みの解決策はひらめくが、自分のことは

相手の抱えている問題や悩みに対する解決策はパッとひらめくけれども、自分のこととなるとどうしてよいかわからない、というのが人間です。 恋人関係や夫婦関係、親子関係などは特にそうです。 そうしたことを理解するのに深層心理学や精神分析、分析心理学…

難しい性格・人格の異性をわざわざ選ぶ

難しい性格・人格の異性をわざわざ選んで、「一緒にいると気をつかうし、面倒なことが起きて大変」と言われる人もいます。 しかしそうでありながら、「その人を支えたい」「その人を助けたい」と一緒にいることを望んでいます。 本人にとって、そういう人を…

キャリアを積み重ねる女の人の悩み

キャリアを積み重ねる女の人が増えてきておりますが、それに伴って、そういう女の人の悩みも増えてきています。 そうした女の人は交友関係も広く、頭脳もきれて、仕事もできて、つねに忙しくしているのですが、他方では、攻撃性や冷徹性、素っ気なさなどの問…

自立しているから恋人ができない、のではない

「私は自立しすぎているから何でも自分一人でこなせる。だからパートナーの必要性がないのだろうか、恋人が見つからない」と発言する人もおられます。 しかし、それは自立しているから恋人ができないのではなくて、自分の好き勝手しているから、人よりも上の…

よくない男に惹かれる理由を知りたい女の人

「よくない男に惹(ひ)かれる(引っかかる)」と悩んでいる女の人もおられます。 その中には「どうしてそういう男に惹かれる(引っかかる)のか理由を知りたい」と思っている女の人もおられます。 それで理由を知れば悩みを解決できるのではないかと考えて…

恋人のすべてを受け止められる自分を見せたい

恋愛のなかでモラルハラスメントをされているのにもかかわらず、「恋人のすべてを受け止められる自分を見せたい」という思いになってしまうことで、精神的虐待をされていることを認識できず、そこから抜け出せなくなっている場合があります。

モテない理由を自分の側から見出すが

男あるいは女にモテずに苦しんでいる場合、人はその原因を自分の側に求めます。 周りにいる人たちが悪いと考えるのではなく、「私はこういう理由でモテないのでは?」と推測します。 中には、「異性は私を見る目がない」と批判する人もおりますが、そうした…

「この人は何を考えているんだろう」と思う

心は、すごい深みをもっていますから、たとえ「心が読めた」「心がわかった」と感じても、それは瞬間的なある一側面、瞬間的なある一部分を知ったにすぎません。 だから少しでも状況や様子が変わったり、自身や相手の気分が少しでも異なると、先ほどわかった…

相手に失望し、自分に落胆する

生きていますと「彼氏(彼女)に失望した」とか「友達に失望した」と感じる時もあるでしょう。 それで、「あの人は一体なんなんだ」と憤慨したり、あきれたりしますけれども、一方では、そういう人と付き合っていた自身に対しても、「私って同じような人間な…