加藤直樹【心理や症状を話せる所】

ヴェール心理カウンセリング。不安や悩みの相談ができます。心身の具合が悪い時の助言。夫婦カウンセリング。認知や精神神経を知るための学習。モラハラ相談。不満・愚痴の傾聴。発達障害の相談。苦労や辛い思いを聴きます。電話相談、オンライン 0463-62-0325 神奈川県中郡大磯町大磯1184 加藤直樹

仕事・働く

仕事のつらさを「語る」ことがまず初め

仕事がつらい時は、その気持ちを私に語ってください。まず何よりも「気持ちを語る」ことが大事です。 つらさをどうするかはその後に一緒に考えていけばいいことです。

積極的で対抗的(攻撃的)な人と心身不調

生きることに積極的で対抗的(攻撃的)な人は、人生の目標を明確に立てたり、仕事の目的意識をとても強くもちます。 そしていつも踏ん張っており、また目まぐるしく動き回るので常に忙しくしています。 そのため、病気ではないのに身体のあちこちの具合が悪…

会社から外れたらもう生きていけないという意識

会社勤めの世界というのはとても狭い世界です。 とても狭い世界なのですが、その中にいる限りは、自分がいる世界しか見えませんから、その世界が絶対であり、かつ自分の人生だとみなしてしまいます。 そういう中にいれば見方も狭まってきて、会社から外れた…

仕事のしすぎで心身の具合が悪いときは

仕事のしすぎで心身の具合が悪いときは相談にいらしてください。

総合職や営業職の女性たちの「甘えられない性格」

総合職や営業職の女性のなかには、「私はどんなことにも頑張ってきた」、「私は誰にも負けなくない」という雰囲気がとても出ている人もいます。 男性と対抗しようとする「競争心」が過剰で、強迫的ともいえるほど勝ち負けや優劣にこだわります。 そういう彼…

人との関係で柔軟性と変革を求められ続ける

社会へ出ていれば、とくに多くの人と接していれば、自分という人間の柔軟性や変革を求められ続けます。 そうなると当然、精神的負担や悩みは次から次へと出てきます。 なぜなら普段から私たちは自分の安定を確保したり、自分の考えを秩序立てて守ろうとして…

無理な生き方による無関心、無気力、無感動

これまでの生き方に無理がたたってくると、無関心、無気力、無感動などが生じる場合があります。 そうすると、それに伴って自分の存在意義や目標がわからなくなって、自分がどうしたいのか、どうしたらいいのかすら分からなくなってきます。

効率を上げるための仕事になってしまっている

働くというのは、本来、楽しく過ごしたり、心豊かに生きるためにやってきたものです。 ところがだんだん、そういうことは忘れ去られて、いかに合理的に処理して、効率を上げていくかというために仕事をするようになっています。

仕事をすることが心身を健康にする

健康でなければ仕事をすることができませんが、一方で、仕事をすることが心身を健康にする面もあります。

自分はどうあるべきかを考え始める

自分自身に、または自分の周りで起きたある出来事や問題をきっかけにして、自分はどうあるべきかを真剣に考え始めたりします。 その出来事や問題自体は自分にとって困ったことなのだけれども、そのおかげで、世間のみんなと同じようにしてきた生き方・働き方…

ワーカホリック(仕事中毒)の状態を知る

仕事をしすぎている時は、仕事の中毒になっているとはなかなか気づけません。 「好きで仕事をしているだけで、なぜそれが中毒なのか」と思う人も多いでしょう。 しかし仕事のしすぎで体調を崩すと、やっと「中毒になっていることに気づいた」と言われたりし…

キャリアを積み重ねる女の人の悩み

キャリアを積み重ねる女の人が増えてきておりますが、それに伴って、そういう女の人の悩みも増えてきています。 そうした女の人は交友関係も広く、頭脳もきれて、仕事もできて、つねに忙しくしているのですが、他方では、攻撃性や冷徹性、素っ気なさなどの問…

仕事を辞めたくなったら相談してください

仕事を辞めたくなったら、私に相談してください。 周りの人に相談しづらかったり、相談できても納得できる回答が得られなかったら、私のところにいらしてください。

仕事の悩みを一人で背負わずに専門家にも背負ってもらう

仕事で困っていたり、つらかったり、職場の状況が大変でしたら相談してください。 悩みや問題が大きいと、人はそれを自分だけで背負い込もうとすることがあります。 なぜなら人に話してもなかなか伝えきれないですし、相手に負担や迷惑をかけたくないと考え…

「仕事が忙しい」と走り回っている

家族の問題や自分自身の深い悩みに直面するのを避けるために、「仕事が忙しい、忙しい」と走り回っている人はたくさんおられます。 また、そういう人のなかには「忙しい」という言葉を「心を亡くすから」という理由で使わずに、意識して「バタバタしている」…

仕事でつらいと感じていたら人に頼る

仕事をされていて「つらいなあ」と感じていましたら、2週間に1度や月に1度でもいいですから、「傾聴」を受けて、専門家に気持ちを聴いてもらうのが健康に良いと思います。 心のなかにあるものを人に語るのです。 職場に行きたくないとか、会社を辞めたいとか…

仕事への姿勢の厳しさと相手への押しつけ

自身の仕事への姿勢を厳しく律している人もおられます。 弱音を吐かないとか愚痴を言わないとか、またはお金をいただくからには期待以上の成果を出すとか。 ご自身がそういう考えで仕事をされるのはそれで結構だと思います。 だた、そうした自身への厳しさを…