ヴェール心理カウンセリング【話して精神安定】

精神不安定や不安障害、疲労症状、睡眠障害の健康相談ができます。夫婦関係や離婚の相談。精神状態や発達障害・社会を知るための学習。不満・愚痴の傾聴。苦労や辛い思いを聴きます。電話相談、オンライン 0463-62-0325 神奈川県中郡大磯町大磯1184 加藤直樹

適応について学びたい人へ

「適応」とはどういうことか、学びたい人はご依頼ください。

SNSにおける女の人の「あどけなさ」の表現

スマートフォンでのメールやSNSへの投稿文章というのは、人を幼くさせるようで、文字を入力するときに幼い言葉になったり、したったらずな言い方になったりする時があります。 こうした表現を女の人から受け取ると、ニヤける男の人は多いですが、女の人の側…

暑さに負けるなという競争

夏になりますと、「暑さに負けるな!」という言葉がよく聞かれます。 これもおかしな言葉でして、私たちは暑さと闘っているのでも競争しているのでもないのに、勝つか負けるかの言い回しになります。 暑い季節のなかで上手に過ごす知恵を身につけるのが大事…

向上心を操られている

若い時期は、向上意欲にあふれていますから、その向上心を、野心をもった大人に操られてしまうことがあります。 以前流行した“やりがい搾取”など仕事の面において多く見られますが、それ以外にも、“自分を変える”とか“内面を成長させる”といった精神の面を操…

生(なま)の現実を感じることが少ない

水道のレバーを上げれば水が出る。 ガスコンロのつまみをひねれば火がつく。 私たちはこういう便利な世界のなかで生きていますから、生(なま)の現実を感じることが少ないのですね。 それだって現実じゃないかという人もいるでしょうが、それは科学技術によ…

精神状態が不安定なときに

精神状態が安定せず、つらい状態が続いていましたら、話をしにいらしてください。 外出が難しい場合には電話にても話せます。 我慢せずに他人を頼ることが大事です。

「女心がわかっていない」と発言する女の人

「女心がわかっていない」と発言する女の人のなかには、相手の心をうまくよめない人がいます。 女の人の感情がわからない男の人に向かって言う場合ではなく、男の人が女の人の感情をくんでいるにもかからわず、そういう発言が出る場合の話です。 女の人自身…

優しいけれども人の立場になるのは苦手

世の中には「優しい人」がたくさんいます。 心が広かったり、親切だったり、尽くしてくれる人がたくさんいます。 だけれども、相手の立場になって相手の思いを考えることが苦手な人は多いです。

対人関係スキルとよく言われるが

社会では「対人関係のスキルを身につけるべき」などということがしきりに言われます。 「スキル」などという用語を使うものにろくなものがないのが常ですが、対人関係のスキルもその一つです。 対人関係のスキルをことさら強調する人たちがどんな人かと見て…

怒りっぽい性格ではなく発達障害やADHD

昔から、「怒りっぽい性格」とか「短気な性格」というように、癇癪(かんしゃく)の傾向は性格のこととして言われてきましたが、それらは性格なのではなく、発達障害やADHDによる「易怒」である場合があります。 ただし、発達障害やADHDの人が怒りっぽいとい…

人間関係がうまくいっている人などいない

「人間関係はこうすると良くなる」などと言う人がおられますが、この世で人間関係が“すべて”うまくいっている人などいないと思います。 ある人とは仲良くできているでしょうが、別の人とは仲良くできていないのが事実(現実)でしょう。 人間関係の知識を啓…

東洋医学思想に入れ込んで頑固で偏屈に

東洋医学思想や東洋身体思想などに入れ込んでいる人はたくさんおられますが、彼らのなかには、困った問題を起こしている人たちもいます。 たとえば、自分の考えが一番正しいと思っていたり、自分のしている仕事は最高のものであると思っていたりします。 な…

普段言えないことを話して聴いてもらう

ほとんどの人は「私はこういう意見です」、「私はこういう考えをもっています」というのがあるでしょう。 ゆえに他者が発言した内容をインターネットやマスメディアなどで知り、それに対して自身の見解を述べたり、論評したりする。 そうした行為は、自身の…

生き方を指南・教示する人たちが出てくる

時代が大きく変化する節目には、生きることや生き方について説く人たちが増加します。 たとえば現代のように多様性社会や多彩価値観の時代に入りますと、これまでの生き方や暮らし方がそぐわなくなってきます。 すると、いたるところで「このように生きたら…

笑顔をつくるのが難しい人もいる

笑顔でいる、あるいは人には笑顔を見せる、そういうことが人との関係を円滑にしたり、雰囲気を和ませるのはその通りでしょう。 あるいは、笑顔でいると健康を維持できたりすることもある。 だからこそ、笑顔でいることを推奨する人たちがいるのもわかります…

精神の具合の悪さを早めに自覚する

自身の精神の具合が悪いことを早めに自覚し、早めに専門家に相談することが大切です。 精神の具合が悪いというのは、情緒が不安定とか鬱っぽいというだけでなく、自身のしている行動がおかしいと気づいたり、突飛な考えが浮かんでくるといったことも含まれま…

つらくても人の助けをもらわない

つらくても、人に迷惑をかけたくないので人に助けを求めない、人の助けをもらわない。 そう考えている人もいます。 人の手を煩(わずら)わせるくらいなら、つらさに耐えるほうを選ぶと考えているのです。

嫌な思いをしたら話してください

嫌な思いをしたら、そのことを話し、私に聞かせてください。

大人に対しての躾(しつけ)

大人に対しての躾(しつけ)をおこないます。 言行に問題を抱えておりましたら、ご依頼ください。

柔軟に対応できない人もいる

柔軟に対応する、言い換えれば適当に対応することは、それができる人には何でもないことですが、それをするのがひどく難しい人もいます。

曖昧なままにしておく日本民族

日本は調和を重んじる国ですから、「まあ、まあ、みんな共同で仲良く…」という感じで、誰かが突出することもなければ、誰かが責任をとることもなく、みんなでどうにかします。 そんな曖昧なままにしておく民族です。 一方で欧米は自立を重んじる国ですから、…

しょうがない時もあるさ

知り合いの外国人が「日本語の「しょうがない」という言葉はいい言葉だね」と話したことがあります。 「単に諦めるのでもなく、無理して明るく振る舞うのでもなく、ダメなときはダメでいいじゃないか、そんな時もあるさ、というような感じがいいんだ」って言…

人の心を読めずに対話力で圧力をかける

人の心を読めない、でも対話能力に長けた人もおります。 そういう人のなかには相手の感情が読めないがゆえに、その卓越した対話力で他人を論破したり、圧力をかけて萎縮させてしまう、こうした問題も生じています。

人生は一度きりだから楽しむという考え

「人生一度きり。だから思いっきり楽しむ!」という発言をする人が増えたような感じがします。 「人生一度きり」という考えは再び近年に出てきました。 以前は、人は生まれ変わって何度も繰り返すという考えや、天国あるいは地獄に行ってそこで暮らすという…

性格や運命を変えるという語句は矛盾している

容易に変わらない心の性質を性格と呼び、容易に変わらない自分の環境を運命と呼びます。 性格や運命がころころ変わったら大変なことだし困ります。 ですから「性格を変える」「運命を変える」という語句は、ほぼ矛盾した言い回しです。 たとえば「私は、人間…

人生を変える商売をしている人がおみくじを

「人生を変えたい人は私のセミナーを受けてください」、などと自身の商売の宣伝をしている人たちがおられます。 そういう宣伝をしている一方で、彼らは神社へ行っておみくじを引いて「今年も良いことがありますように!」などと願っていたりする。 面白いこ…

SNSでの拡散とアイデンティティ拡散

自分がわからない状態、これが自分であるというまとまりがなく、自分があちらこちらに浮遊しているような状態、それをアイデンティティ拡散といいます。 いまSNSでは、自分のしていることを世に知らせたい、広めたい若い人たちがたくさんおり、そんな彼らが…

魔術的思考の信仰

魔術的思考に囚われている人もおられます。 何らかの技(わざ)や術(じゅつ)を手に入れて覚えれば、何かが成し遂げられると信じている。 あるいは、そういう技や術をもっている人に頼めば、願いを叶えてもらえると信じている。 また、そこまでは信じないに…

気持ちが落ち着かないときに話す

気持ちが落ち着かないときは、おっしゃってください。 私と話をしましょう。 話せる状態のときで結構です。

感受性の高い人はニュースを見聞きしないように

感受性の高い人、繊細な人、意識敏感あるいは過敏の人は、ニュースをできる限り見聞きしないようにすることを勧めます。 毎日、ニュースの情報を見聞きする生活を送っていると、毎日、感情を揺さぶられることになり、精神や心身の具合を悪くしてしまいます。…