納得できる話をして成長し、健康になる

肩こり・不眠改善。腰痛へのメンタルヘルスケア。父親母親の相談。子育てと高齢者の支援。苦労と精神不調・疲労身体症状・神経発達などの健康相談。夫婦と離婚の相談。認知症。自分を知りたい・変えたいと願う人への助言。人格教育。生き方・身の上相談。 道徳。ヴェール心理カウンセリング。

子どもを早めに寝かしつけないのは虐待

親が子どもを夜の早めに寝かしつけない、あるいは子どもと一緒に深夜まで遊んでいる、というのは虐待と同じようなことです。

そういう親は子育てが本来どういうものがわかっていないことがほとんどで、周りの人たちから忠告されても理解が進みません。

 

自身に向かう悲観の連鎖

自身に向かう悲観の連鎖に入りますと、幸せを感じる気分が生じづらくなります。

悲観の連鎖とは例えば、自分がこんな不幸な状態になっているのはお金がないからだとか、自分を認めてくれる人がいないからだとか、自分は不細工だからだとか、学校をきちんと卒業してないからだとか、そういう考えが次々に生じてきて、自身への否定感情が強大になっている状態です。

そういう状態になると、自分では自身をどうにもできないと考えてしまいます。

問題の原因を独自で決めつけている状態になっており、原因が解決しないかぎり悩みは消えないと考えていたりします。

それゆえ幸せを感じられなくなっています。

 

感覚過敏の人たちの生きる辛さ

感覚過敏の人たちは、日々生きているだけで辛さを感じています。

たとえば聴覚過敏の人は、雑多な音に苦しめられています。

他人の声、自動車や電車の音、電子音、街に流れる音楽や放送など、そういう音が聞こえてくると、頭のなかが乱れ平静に保つことが難しくなります。

嗅覚過敏の人は、ニオイに苦しめられています。

香水、芳香剤、たばこ、体臭、排気ガスなどをかぐと、気分が悪くなったり体調が悪くなったりします。

視覚過敏の人は、蛍光灯や自動車のヘッドライトの光、太陽光のまぶしさに苦しめられています。

触覚過敏の人は、滑(なめ)らかでないものに触れると不快さを感じたり、人と触れることを嫌がったり、水に濡れると痛みを感じたりします。

味覚過敏の人は、味の濃いものや刺激の強いものを食べられなかったり、食感に違和感を感じたりします。

 

土地に対する異常な執着

人格に問題が生じてきますと、人によっては、「土地」に異常に執着をすることがあります。

自分の所有地でもないのに、勝手に私有地みたいに使ったり、自分の使用の権利を主張したりします。

 

企業は利益を追求するところではない

「企業は利益を追求するところである」などということを、会社員だけでなく学者までもがそう言うのを聞くことがあります。

自身のそうした考えが間違っていることを学ぶべきです。

利益を追求することで、どれだけ弊害をもたらしているか計り知れないほどです。

 

無自覚な癖を直すためのカウンセリング

無自覚な癖を直したいと考えている人は、ご依頼ください。

心理カウンセリングをおこないます。

自身を深く見直していくことで、周りの人たちの気が散るような行為をしていることに気づいていきます。

気がつけば、その癖を直していくのは、それほど難しいことではありません。

 

身体の不調の相談ができます

身体が不調でしたら相談してください。

なんとなく具合が悪いとか、どうも体調がすぐれないという場合に、話にいらしてください。

我慢をせず、無理をせず、安心を得るためにいらしてください。

 

自分の中の決まりごとから外れることができない

あの仕方でうまくいった!という経験をもつと、その仕方を繰り返しするようになります。

そして徐々に自分のなかで決まりごとをつくっていき、生き方の型が固まってきます。

これはこうするとか、こういうことはしないとか、こんな時にはこの方法をとるとか、そういうふうになります。

たいていの場合はそれでうまくいくのですが、それらの決まりごとから外れる出来事が起こった場合や、新しいことを始めなければならない場合には、どうしたらよいかわからないといった事態になります。

その際に、適応力(柔軟性)がある人は臨機応変に生きられますが、普段通りの生き方をこだわり好む人は、決まりごとから外れる行動をすることを嫌います。

何か起こった時に対処できないとまずい状況に陥るからです。

それゆえ決まった生き方をとるので融通が利かなく、他者と言い争うことが増えます。

 

電子音の氾濫と過剰さを公害と認識すべき

家電製品や自動車の鍵、公共機関のタッチパネルなど様々なものを作動させる際に、「ピー」や「ピッ」といった電子音が鳴る仕組みになっています。

この電子音の氾濫と過剰さは、すでに公害の域に達しています。

電子機器ならばボタンを押せばほとんどの製品で音が鳴り、音を止めたくても使用者からは止められず、必要以上に大きな音であります。

製造会社は速やかに電子音の氾濫を公害と認識して、製品の仕様を変更すべきです。

 

世俗的な祭りを好む人の性質傾向

世俗的な祭り、あるいはお祭り騒ぎを好む人たちの中には、短気で多動、また衝動的であり、繊細に振る舞うことが難しい人がみられます。

科学的、合理的な考え方が苦手であり、きちんと深く考えるという行為が難しい人もいます。