悪役を演じるのはあくまで「役」の範囲で

人間関係の問題を解決する際や、職場の雰囲気を改善するためには、誰かが悪役を演じなければならない場合もあるでしょう。

ただし、あくまで「役」の範囲で悪を演じるだけです。

「あえて悪役を演じている」と自ら言いつつも、本当に悪いことをしていて、周りの人に嫌な思いをさせたり迷惑をかけていることに気づかない人もいます。