気楽な人間関係を追い求めすぎると

上辺だけの人間関係やコミュニケーションはとても気楽で、深い付き合いがないぶん、いちいち干渉されなくて済みます。

人から干渉されることが嫌いな人は、そうした都会的な繋(つな)がりの浅い関係がとても快適に楽しく感じるため、それを追い求め続けます。

ところが、ふと気づくと、真に人間的かかわりをもつ関係がないために、誰にも本音を言えなくなっているとか、あるいは本音を話してくれる友達がいないとか、とても困ったときに誰も頼れる人がいないとか、あるいは誰も助けてくれないとか、そうした状況に陥りがちです。