子どものために幼い頃から始める教育

多くの親御さんが子どもに対して、「今のうちに○○をさせておいた方が将来のためになる」と考えます。

そのときに、「子どもにさせる内容は何が良いか?」と考えることよりも、「なぜ親自身がそういうふうに考えるのか?」ということを、もっと深く考えることの方が大切です。

たとえばそれは、「自分が苦労してきたから、子どもには苦労をさせたくないため」とか、「幼いうちから教育しておいた方が有利だから」とか、そういった表面上の理由ではなくて、もっともっと深いところにあるものを自分に問う必要があります。