子どものすることに細かく口を出してしまう

「子どものすることにいちいち口を出すのはやめよう」と思っていても、それができずに細かいことを指摘してしまい、「ああ、また言ってしまった」と後悔しているお母さんも少なくない。

子どものことを広い心でゆったり見ていられずに、私が言わなければこの子は人生を失敗してしまうのではないか、という不安な思いをもっていたりすることも多い。

昔の親が子どもに口を出すのは、怠け者にならないようにとか、ぐうたら者にならないようにという厳しさからが多かったのですが、今の親が子どもに口を出すのは、尊敬される立派な大人になって、社会的にもうまくいってもらいたいという気持ちからが多いように感じます。