公平に扱われることに対する欲求不満

自己愛が肥大化しますと、公平に扱われているにもかかわらず、それを不公平に感じたりします。

誰かに何かしてもらっていることが当たり前だと思ったり、人から関心をもたれたり、褒めてもらっていないと不機嫌になったりする。

つまり、自分が特別扱いされることが当然であって、皆と同じに扱われることでは欲求を満足できなくなります。