人生論や人生訓もいいけど、自分をわかってもらえた体験を必要としている

人生論とか人生訓というものは、いい言葉がたくさん書かれています。
心を打つようなことがいっぱい書かれています。

その多くは説法や説教で、生き方や見方を諭してくれるものです。
また悟ったような高尚なものもあります。

しかし、そういう人生論を読む人たちが本当に必要としているものは、「私」という人間がわかってもらえて受け入れてもらえたという体験、心が安らぐ体験だったりします。