人の失敗を非難することは誰にでもできる

人が失敗をしてしまった時に、その落ち度を非難することは誰にでもできます。
ですから、誰にでもできることはしないでおいて、なかなかできない「相手を受け入れること」「相手を見守ること」に自分の時間と力を使いたいものです。