悩みを言ってもわかってもらえないので言わなくなる

悩みを抱えている人が悩みを話さなかったりするのは、人に言ってもわかってもらえないと感じているからです。

わざわざ身を削って話したところで、またどうせ無駄に終わると思うと話す気が起きないのです。

たとえまた言ったところで、たいてい誰からも同じ回答が返ってくるのがわかっているので、うんざりしていたりします。