身体や精神を消耗させすぎないことが大切

身体を酷使すれば身体が消耗したことを感じます。
それでも十分に寝たり、たくさん休養をとれば体力が回復します。
しかし、身体を酷使し続ければ身体はダメになってしまいます。

同じように、人に対して気を過剰につかえば気が消耗したことを感じます。
それでも十分に寝たり、遊んだりすれば回復します。
しかし、気を過剰につかい続ければ精神は参(まい)ってしまいます。