性格神経症・症状神経症の理解と治療

神経症には性格神経症と症状神経症の区分けがあります。

治療者はこれを詳しく学習・理解しておくことが必要です。

そうすることによって患者さん、あるいは相談者の言動や精神状態に寄り添っていくことが可能になります。