子どもが落ち着きがない、むちゃくちゃする

子どもが学校で落ち着きがないとか、じっとしていられない、あるいは、むちゃくちゃな行動をする場合に、すぐに多動症だとか注意欠陥だといわれることがありますが、そうした安易な決めつけは避けなければなりません。

子どもには一人ひとりいろいろな特徴があり、感受性の強い子や敏感な子、寂しがりの子、他人の目を気にする子がいたり、または家庭環境の複雑な子もいます。

子どもたちは揺れ動きながら成長していますから、落ち着けなかったり、むちゃくちゃな行動をしてしまうこともあります。

ですから、子たちの心情をよくみていくことが大切です。