病んでいる部分を診つつ、健康な部分の割合を大きくする

私たちの心のなかには健康な部分と病んでいる部分があります。

その割合がどれほどなのかは個人個人によりますが、病んでいる部分の割合が多いと、心が不健康、あるいは心の病ということになります。

それで私たち心理療法家は、心の病んでいる部分を診つつ、心の健康な部分の割合を大きくしていくことを行なっています。