ヴェール心理カウンセリング【人間理解】/加藤直樹

神奈川県大磯町にある相談所です。深層心理学・臨床心理学・発達心理学・精神分析・文化人類学などを専門としています。家族や夫婦の相談、子育てや子どもの心の相談、不登校やひきこもり、発達障害、恋愛や不倫、離婚の相談、仕事の相談などをしています。精神疾患、精神障害、精神症状や心の病などの相談をおこなっています。心理療法や心理カウンセリングが受けられます。人間性育成、人格育成などをおこなっています。TEL 0463-62-0325 心理療法家 加藤直樹

運・運命・偶然・運気・運勢

何が幸せかなんてわからない

皆さんもわかっていらっしゃるように、何が幸せかなんてわからないものです。 わからないから、心が満ちるのをふと感じたときに、「私は幸せ者だなぁ」と感じたり、「生きててよかったぁ」なんて感じたりするのです。

気性の激しい人は、同じような人を引き寄せる

気が短いは、同じように気が短い人を引き寄せます。 気が強い人は、同じように気が強い人を引き寄せます。 気性の激しい人は、同じように気性の激しい人を引き寄せます。 もちろん、いつもそうなると決まってはいません。

不幸なことが起こるということは無い

他人から「不幸なことが起こる」などと脅かされることがあったとしても、そんなことはありませんのでご安心ください。 不幸というのは、本人がそのように感じるか感じないかだけのことですので、「不幸なことが起こる」ということは無いです。 人によっては…

運命というもの

運命があるかないか、などと議論してもはじまりません。そんなことは分かりません。 あると思う人はそれでいいし、ないと思う人はそれでいい。どちらかをとるかはその人次第です。 それが運命なのかもしれません。

運が悪いと感じるなら語りにいらしてください

運が良いと感じるときもあれば、運が悪いと感じるときもあります。 運が悪くて、なんで自分はこうなんだろうと思うときは語りにいらしてください。

不幸が続くという悩み

わけもなく不幸が続く人も世の中にはおられます。運命というか運が良くないというか、こればかりはどうしようもなく可哀相に感じます。私もできることといえばその人のお気持ちをくむことばかりです。 一方で、ご自身の日々の行為が元で不幸なことが起り続い…

知っていたら得をするというものでもない

「知らない人は損している」などと言われることがありますが、知っていたら得をするかというと、そうとも限りません。

なぜ“私”がこんな目に遭うのかという思い

ものすごくつらい出来事が起これば、「なんでこんなつらいことが起こるのか」という気持ちになります。そのつらさの背後には、なぜ“私が”という気持ちがあります。「ほかの誰でもない、この“私が”なぜこんな目に遭うの?」という気持ちです。

悩みを自分の名前のせいにできる

占いなどを受ける人が時々こういうことを言われます。「占いは自分の名前などのせいにできる。自分の生き方や性格などを見直さなくて済むから良い」と。

うまくいなかないことで自分が助けられている

人生というのはうまくいくときもあれば、全然うまくいかないときもあります。全然うまくいかないときは腐々してきますけど、しかしその「うまくいかない」ことによって自分が守られていたりするものです。もっと言えば、うまくいなかったから自分が助かった…

病気や運命に勝つ負けるという考え方

「病気と闘う」とか「不幸な運命と闘う」といったように、勝つ負けるという考え方を多くの人は好きです。勝って乗り越える、打ち勝って勝利するということが人間としての成長につながると考えているからかもしれません。 勝つという体験も確かに大切で必要な…

「男運がない」理由を知りたいときには心理分析を

いろいろな男からひどい目に遭ってきたら、「男運が悪い!」と運のせいにもしたくなるでしょう。それは仕方ないと思います。 ただ、どうして男運がないかという理由を知りたければ、きちんと心理分析するのがいいと思います。自分がどうしてそういう男と出会…