加藤直樹の心理相談・治療

神奈川県大磯町にあるヴェール心理カウンセリング TEL 0463-62-0325

身体表現性障害

自分の話が重いんじゃないかと気をつかって語るのを遠慮する

人の気持ちを考える優しい人は相手をとても気づかいますから、自分自身のつらい話を語ろうと考えても、その話が相手にとって重いんじゃないかと憂慮して語るのを遠慮しがちです。友人にも気をつかって語らない人もおられるでしょう。本心をほとんど語らない…

神経や気を使い続けていると喘息(ぜんそく)が生じる

神経や気を非常につかうような状態が続いていると、人によっては喘息(ぜんそく)が生じる場合があります。とくに女性にみられます。

強烈な気持ちによって歩けなくなったり歩けたりするようになる

「歩きたくない」「もう歩けない」と強烈に感じていると、人は本当に歩けなくなります。足に力が入らなくなったり、足が痛みだしたりして歩けなくなる。もちろん器質的な原因ではなくて気持ちだけでそうなります。 逆に、歩けない状態であったとしても、「自…

身体も感情を表現する

言葉で感情を表現できますが、身体も感情を表現します。ですから気持ちが変われば体調も変化します。 たとえば腸などは感情がわかりやすい形で現れたりします。緊張や不安が続けば下痢になる人もおられますし、イライラが続けば便秘になる人もおられます。 …

気づけないストレスによる身体の不調

自分でわかっているストレス、たとえば仕事がつらいとか、恋愛や家庭が大変だとか、そうした自覚できているものは、身体にそんなに大きな影響を与えません。 というのも、自分がつらいとわかっているぶん、自分で制御、対処できるからです。 ところが、たと…

「心と身体はつながっている」とよく言うけれど

「心と身体はつながっている」ということを皆さんよく言われますが、実際に自分の身に起こったときには、そう考えられないことがほとんどです。 といいますのも、身体に何らかの症状が出たときに、「あ、この身体症状は心の問題から出てきている症状だから、…

話せないというヒステリー症状

夫婦喧嘩などをしますと旦那さんあるいは奥さんと口をききたくない、なんてこともあります。これは意識的にわざとやるわけでして、顔も見たくないし話もしたくないから口をきかないということです。 ところが、これとは異なって、相方と話そうとするのだけれ…