読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

加藤直樹の心理相談・治療|ヴェール深層心理

神奈川県大磯町にあるヴェール心理カウンセリング TEL 0463-62-0325

説教

ニュースを聞いて文句や批判を言うことが癖になっている

文句や批判を言うことが癖になっている人がおられます。世の中で起こった出来事や事件などをニース番組から聞いては、それに対していちいち文句や批判を人に聞かせたりSNSに書き込んだりします。 癖になっていますから、出来事や事件の背景などもたいして考…

相手の話を最後まで聞くことで本当は何を言いたかったのかを知る

正しいことを相手に説教するのは簡単です。しかし、そういうことをせずに相手の言っていることがおかしいな、間違っているなと感じても、まず最後まで話をじっくり聞いてみるということは大変なことです。何度も相手の話を途中で止めさせたくなったり、反論…

不満を言ったり説教をすることで悩みがあることがわかる

「私は悩みなどない」と言っていても、悩みを自覚できていない場合もあります。そういう場合は不満をいろいろ言っていたり、人に説教をすることが多かったりしますから、この人は悩みがあるんだなと感じられます。

相手にも自分と同じ状態になってみてほしい気持ち

自分がむちゃくちゃ頑張っている時は、相手にももっと頑張れと言いたくなるものです。 同じように、自分がつらい状況にいると、相手にも「あなたももっとつらい状況になってみたら」と感じたりする。 そして、自分が幸せな環境にいると、相手にも「あなたも…

人から相談をよく受けるという人こそ相談をしてほしい

人から相談をよく受けるとか周りに悩んでいる人が多いという人、そういう人ほど心理の専門家に相談してほしいです。といいますのも、そういう人ほど悩みや問題を抱えているからです。 しかし、そういう人はまず相談には来られません。たいてい本人は「私は悩…

マジメに正論ばかり言う行為

あまりにもマジメに正論ばかり言うのは、結局のところ相手を悪者に仕立てて、自分が正義の人になって説教しているようなものです。 それでは相手を追い詰めて反発を招いてしまい、自分の意図した結果と逆の結果を生み出してしまいます。

相手のネガティブな発言を聞いていられずに止めてしまう

相手が「あれもできない」「これもできない」と話をする場合、それを聞いている方は「ネガティブなことばかり言ってないで、実際にやってみたらどうなの?」と言いたくなる人がほとんどでしょう。 人はあまりにもネガティブなことを聞いているとイライラして…

教える仕事をしている人が気をつけないといけないところ

人にものを教える仕事をしている人は、よほど注意をしていないと、気づかないうちに偉そうな物言いになってしまいがちです。

相手の気持ちを知るために

相手の心理は自分の心理と密接に関係していますから、相手を知ろうと思ったらまず自分を知ることです。 ところが相手の気持ちを知りたい時に限って、自分のことは忘れて「あの人はどうしてあんなことをするんだ!」とか、相手を責めたり説教したくなる方向に…

説教すると元気になる

人に説教をすると元気が出ます。「こうした方がいい」とか「そういう考えじゃダメだ」なんて言いますと、相手の活力を奪いますから話す側は元気になります。だから会社の上司もそうだし、友達や恋人の間柄でも優位に立っている人は元気がいい。一方で説教を…

大人の説教に対して子どもが黙っているのは

親や大人が説教している際に子どもが黙っているのは、たとえば、「どうせ本当のことを言っても信じてもらえないだろう」と子どもが考えていたりするからです。 大人は大人の言うことしか信じてなくて、子どもの言うことなんかいい加減にしか聞いてない、と多…

自分が変わっていくために

自分を変えようと思ってもなかなか変わらなかったり、あるいはどうして良いか分からないということが多いものです。自分が変わるためには、まず今の自分をまるごと受け入れてくれる人の存在が必要で、その素地があってはじめて“そこから”自分が変わっていけ…