加藤直樹の心理相談・治療

神奈川県大磯町にあるヴェール心理カウンセリング TEL 0463-62-0325

言葉

今まで知らなかった言葉を知ると相手に使いたくなる

私たちは「ある単語」や「ある言葉」を知ると、その単語を使いたくなります。たとえば、他人が「こんな症状で悩んでいる」とか言っているのを聞くと、「それはうつ病というものだよ」と言いたくなったりする。 相手の問題を本当のところは理解していないのだ…

「何々をすると人生が変わる」という発言

近頃は「何々をすると人生が変わる」とすぐに言いますけれども、そういう発言が出てくるということは、よっぽど今の自分の人生を受け入れられないということでしょう。

中身のない無理をしている感じの挨拶言葉に薄っぺらさを感じる

「今日も明るく元気に」とか「楽しい週末を」とか、「ハッピーに生きよう」とか、そういう“中身のない”“無理をしている感じ”のような挨拶言葉を言われることは、人間の深い部分をみている人にとっては非常に薄っぺらく感じます。

我慢できずにはっきりズバッと言ってしまう

「口は災いの元」と昔から言われます。相手に向って何か言いたいことがあっても、「ここはまず黙っていよう」とできればいいわけですけど、なかなか我慢できずにズバッと言ってしまう。 それは自分の方の考えが正しいと考えているからであり、相手の考えや行…

「飲んでおりますが、何か?」という挑発言語

「朝から(お酒を)飲んでおりますが、何か?」などと発言するのを見かけます。こうした挑発的な言語を発する人たちのなかには、一見楽しそうな生活を送っているようにみえても、実際の生活では、幼いころからの家庭環境が良くなく、つらい目に遭ってきた人…

「頑張って」という言葉

多くの人が言う「頑張って」という言葉は、ほとんど意味をもっていません。なにかにつけ、すぐに「頑張って」という言葉だけが口から出てくるだけであり、相手に対して「本当に頑張っていただきたい」という感じはなくなっています。「最近どう?」という言…

はっきりものを言う性格と攻撃性

人は攻撃性や破壊性をもっています。しかし多くの人は自分のなかに攻撃性や破壊性があることを認めたくないものです。 たとえば、人にはっきりものを言う傾向がある場合、その「はっきり言う」行為は攻撃性や破壊性を含んでいたりします。ところが本人からし…

厳しいことを言われた後の優しさに魅了される

ずっと厳しいことを言われ続けてきて、最後に優しい言葉をかけられると、今まで苦労させられてきたことが忘れたように消え、その人のことを優しいと感じてしまいます。 これは非常にやっかいなもので、生い立ちで苦労してきた人や、努力や頑張ることが好きな…

見た目や言葉遣いだけで判断されること

私たちは自分のことを相手に知ってほしいという気持ちがあるために、自分のことを話したりなんらかの仕方で自分を表現します。そしてその表現の仕方で、自分というものが他人に判断されています。 つまり、言葉づかいや態度などの言動、服装や髪型などの格好…

ひとこと余分に言ってしまう

「ここで一言余分に言わなければ、ケンカにならずに済んだのに」と後から思うことが結構あるかもしれません。相手の話を聞いていたり、あるいはSNSに書かれたことを見て、言わなくていいことをパッと言ってしまう。一言多く言ってしまう。 たいていは言って…

ご自身を語る時間

私のところでは「ご自身を語る時間」がありますので、じっくり自分のことを語りたいというかたは、ご依頼ください。

「苦労をバネにする」といった言い回し

「苦労をバネにする」といったような言い回しは感動話や美談が好きな人にはたまらないでしょうが、苦労をしすぎたために引き起こされる悪い側面についても考える必要があります。

人から言われた言葉で傷つく

人の言葉には様々な意味が含まれていますから、相手が言った言葉をそのまま受け取ってしまうと自分が傷ついたりしますし、かといって、あんまり勘繰りすぎると、これまた自分が傷ついたりします。