読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

加藤直樹の心理相談・治療|ヴェール深層心理

神奈川県大磯町にあるヴェール心理カウンセリング TEL 0463-62-0325

昔の酷かった時代の記憶を抱える親たちの問題

昔の親の多くは子ども時代に戦争で食糧や物が不足していたり、軍人の親に厳格に育てられて愛情をもらえなかった人がとても多い。 しかし現在は物も豊かにあり快適に過ごすこともできます。だから複雑な気持ちになるのです。昔はひどかったけれども今はこんな…

ひきこもりの子どもが親を寝かせてくれない

引きこもる生活になりますとだいたい昼夜逆転の生活になります。そして夜になって親御さんが寝ようとすると、たいていお子さんが寝室にやって来て親を寝かせてくれません。 「俺の話を聞け!」ということを言ってくるわけです。 親御さんは「なぜこんな夜中…

子育てでは親が自分自身を見つめなければならなくなってくる

子どもを育てているときにつらく感じるのは、子どもに手がかかったり、自分一人だけの時間がつくれないからといった理由がありますけれど、一方で、子どもをみていると、親が自分自身を見つめなければならなくなるのでつらくなるという理由もあります。

親からひどいことを言われてきて人生を楽しめない

親からひどいことを言われて育ってきて、それで人生を楽しむことができないという人も少なくありません。そして、自分が結婚して子どもができたときに、同じような悪影響を自分が子どもに与えてしまうのではないかと心配する人もおられます。 そういう人たち…

実家から独立するのが早すぎる

親を嫌っていたり憎んでいたりしますと、「ここから早く出てやる」とつねに考えていて、家を離れて独立するのが非常に早くなりがちです。 そして特に女性の場合は、だいたいちょうどその頃に出会った男性と一緒になって、大変な目に遭ったりすることが多くみ…

マスメディアの影響を受けて子どもを操作する親御さん

現代の親御さんの多くは雑誌やインターネットなどのマスメディアの影響力に動かされやすくなっています。それらに記載されている「これが良い」という方法や法則の影響を受けて、子どもを親の考える方向へ動かそうとしてしまいます。

育った環境の不満や、親への怒り・恨みが引き起こす問題

育った環境の不満や、親への怒り・恨みをいまも持ち続けているという人は、心理療法や心理カウンセリングを受けてみてはいかがかと考えます。 なぜかと言いますと、そうした怒りや恨みは現在の人間関係や夫婦関係に影響を与え、問題を起こしたりするからです…

気づかないうちに周りの人を振り回してしまう

幼い頃から家族、たいていは親に振り回されてきた人は、大人になってからそのトラウマを治そうと自己治癒機能が動きだすために、本人も気づかないうちに周りの人たちを振り回してしまうことがよくあります。

過去のつらさや怒り、恨みが子どもに出てしまう

過去のつらさや怒り、恨みというのは、一見、乗り越えて忘れてたようであっても、自分に子どもができるとそれらが現れてしまう人もいます。 子どもに「なまけている」「だらしがない」「楽をしている」などと言うのは、ほとんどが自分の過去の恨みから出てき…

子どもは親のしていることをよく見ている

子どもは親のしていることをよく見ていますから、親が口で偉そうなことや素晴らしいことをどんなに言っても、行動が伴っていなければ「これはおかしいぞ」と感じています。

生命力が回復するとき

人というのは不思議なもので、自然体でいる人と一緒にいると、自分の生命力が回復してきたりします。自分に対してこれといって何をしてくれるわけではないけれど、その人がその人の生き方をしていることで、自分が自分の生き方をできるようになるのかもしれ…

親が口やかましくて嫌という時に

親が口やかましくて嫌に感じている時に、「親が口やかましく言うのは、私に幸せになってほしいからだ」と言われる人もいます。 「そうか、そう考えないといけないな」と思う一方で、でも「そりゃ、そうかもしれないけど腹が立つ」というが本音でもあります。…

相手のことはよく見える

相手のことはよく見えるんだけれども、自分のこととなるとどうしてよいかわからない、というのが人間です。男女関係や親子関係などは特にそうでしょう。そういうために深層心理学や精神分析があります。

親との問題を抱えているかたの相談

親との問題を抱えてらっしゃるかたは、どうぞご相談ください。

自分を裏切らないテレビや趣味との関わり

親子関係で苦しんできたり、人間関係でひどい目に遭ってきた人にとって、なかなか人を信じることができなかったり、人と関わることが非常に嫌になることがあると思います。 そういう人たちが相談に来られて、人間関係で悩んでいるといった話をされるわけです…

子どもが「自分は愛されているんだ」と思える親子関係

子どもはどんな状況でも「自分は愛されているんだ」と思えることが必要です。たとえ子どもが悪さをしたときでも、子どもが親の愛情を感じていられるようにしてあげられたらといいなと思います。

「不満」が誰に向うか、どこに向うか

不満というものは移行したり、入れ替わったりします。たとえば自分が世の中でうまくやれない不満というのは、不満のやり場がないので親への不満になったりします。逆に、家庭での不満は社会や文化への不満に移ったりします。 また親に盾突(たてつ)けない場…