ヴェール心理カウンセリング【精神療法・人生指針】/加藤直樹

神奈川県大磯町にある相談所です。人間を理解するための専門所であり、悩み・精神状態の相談所です。わかってもらえない苦しみを減らしていき、人間を学び、思慮を深め、どう生きるかを考えながら人間的成長をしていく所です。深層心理学・臨床心理学・発達心理学・精神分析・文化人類学などの専門。家族や夫婦の相談、子どもの心の相談。精神症状や心の病などの相談。TEL 0463-62-0325 加藤直樹

行動心理

人に教えてあげたい時は自分が何もわかっていない時

「人に教えてあげたい」とか、「人にわからせてあげたい」という欲望が過度に生じるときは、まず「自分はまだ何も知っていない」「自分はまだ何もわかっていない」ことを自身に教えるのがよいでしょう。 とは言いつつも、それが非常に難しいのですが。

リストカットの意味の一つは罪悪感の「切り離し」

リストカットという自傷行為には様々な意味があります。その意味の一つに「切り離し」があります。 悪の人格部分や罪悪感が過剰に生じる場合には、それらを自身のなかから消そうとすることがよくみられます。 ただ、実際に消すことはできないので、通常は何…

思考と感情の隔たりが行動にズレを生じさせる

私たちは自身の意思でも行動していますが、意思とは無関係に、無意識の衝動から行動している時もあります。 それゆえ、頭のなかで「こうしよう」と考えているのに、実際にやっていることは別のことだったり、意図したことと異なることを言っていたりします。…

自己満足だからと言ってやっても満足しない

「これは自己満足なんだ」と口に出して言うことで、自身を納得させ、相手を説得する人もおられます。 満足したらそれで終わりにしてくれればいいのですが、しかし何度やっても満足せずに延々と同じことを繰り返すために、周りの人たちをあきれさせてしまいま…

普段の行ないを気にかけていない

「普段の行ないが悪いからこうなるんだ」と言ったり、言われたりすることがあります。 ほとんどの人は自身がしている「行ない」を気にかけていません。 ハッキリとした意識をもって行ないをしているのではなく、ほぼ自動的といってもいいほど意識を関与させ…

行動と基本的性格とを関連させて決めつけられない

ある行動をとったからといって、それだけで、あの人はこういう基本的性格をもった人だ、とは決めつけることはできません。 それは反対に、こういう基本的性格な人だからこういう行動をするはずだ、とも決めつけられません。

どう見られているかが気になって、したいように行動できない

相手から悪く思われたくないという気持ちが強くなりすぎると、自分がどうみられているかが過剰に気になり、相手の気持ちを勘ぐって、自分のしたいように行動することが難しくなります。

幼い頃から苦しい体験をしてきた人の特有の言動パターン

人をむやみに決めつけたり、当てはめてはいけないですけれど、ただ、幼い頃からつらい目に遭ってきたり、苦しい体験をしてきた人には特有の言動パターンが見られます。

車を運転する際に余裕ある車間距離を保てない相談

自動車を運転する際に、どうしても前の車との車間距離を詰めてしまい、余裕ある距離感を保てない、という人の心理カウンセリングをおこなっています。

ご自身の行為・行動の心理を知りたいなら

ご自身の行為・行動の心理を知りたい、ということでしたら、私にご相談ください。

無自覚の行動や態度の裏にある感情や気持ち

人の行動や態度というのは自覚していないものが多い。 その無自覚の行動や態度は、本人が知りたくない「ある感情や気持ち」が表現されたものであったりします。 ですから「その行為や態度」を深くみていくと、本人の心の奥ではどんな気持ちや感情を抱えてい…

囚(とら)われによる極端な言動と人づき合いの苦悩

囚(とら)われがあると発言や行動が極端になりがちです。 たとえば、ある見方やある意識に囚(とら)われている場合、それにひっぱられて自分自身の考えや意見を強引に主張しがちになったり、相手の考えや意見を受け入れずにバッサリと切り捨てたりします。…

「絶対○○をしない」と言う発言

「私は絶対○○をしない」と言う場合、大抵その人はその○○をしています。 絶対にしないなら、そもそもその行為について意識をしないですから、「○○をしない」などと口に出さないものです。 わざわざ言葉にして言うということは、それが気になってしょうがない…

やるべきことを優先順位にやったりやらなかったりする

一番目にすべきこと、二番目にすべきこと、こうした優先順位の区別をつけて動ければ効率よく生きられるでしょう。 しかし、人間いつもそうできるわけではありません。 また、やらなくていいようなことをしたくなる時だってあります。 まず先に怠(なま)けた…

自分のことを知ってもらいたい、聞いてもらいたい

相手に関心をもっていれば自然と「相手のことを知りたい、聞きたい」という気持ちになります。 だけれども、自分のことに関心があったら「自分のことを知ってもらおう、聞いてもらおう」となります。 だから、たいていの人は自分の話になります。

症状への対処行動を診ていく治療法

出ている症状に対して原因を探っていって治す方法がありますが、これは一般的な治療法でとても有効です。 また、出ている症状に対して本人がどういうふうに対処してきたかを診ていく(聴いていく)治療法もありまして、あまり一般的ではありませんが有効です…

大人の説教に対して子どもが黙っているのは

親や大人が説教している際に子どもが黙っているのは、たとえば、「どうせ本当のことを言っても信じてもらえないだろう」と子どもが考えていたりするからです。 大人は大人の言うことしか信じてなくて、子どもの言うことなんかいい加減にしか聞いてない、と多…

話す内容は立派だけれども行動は

話す内容もすばらしくて、行動の内容もすばらしいなんて人は、この世の中にほとんどいません。 多くは、話す内容は立派でも、行動している内容はみんなとどっこいどっこです。

精神が不安定な状態で生じる極端な言動とこだわり

精神が不安定になっていると、言い換えれば、精神の世界に少し足が入っていると、向こうの世界とこちらの現実の世界を行き来するようになるので言動が極端になりがちです。 しかし本人にとっては必死で自我を保とう、自分の意識をしっかりしようとして、それ…

興味あるものしか見えていないゆえの狭い世界

本や雑誌、インターネット内の情報、そして人の集まりもそうですが、ほとんどの人は自分の興味あるものしか見ていません。 見ていないというか、見えていません。 本人としてはいろいろと幅広く見ているようでも、実際にはものすごく狭く偏(かたよ)って見…

悩みがないと思っていても無自覚に行為に出てしまう

「私は悩みがない」と大きな声で言う人がおられます。そういう人のなかには本当に悩みがない人もおれば、実際に悩みはあるけれども自分自身で気づいていない人もおられます。 悩みが本当はあるんだけど自分では気づいていない人の場合、それが行為・行動に無…

「私はみんなとは違うんだ」という気持ち

人は、本気で話したくなるときがあります。「人生とは何か」「どう生きていけばいいのか」ということを話したくてたまらなくなったりします。 そんな時に周りの人たちが芸能人の話やゲームの話をしているのを聞くと、たまらなくバカらしく思えてきます。「こ…

わざわざ遠くに出かける行動

わざわざ「遠くに出かけよう」としていた行動が、それは「見たくない自分を自分自身から遠ざけようとしていたのではないか」と、ふと気づくことがあります。