ヴェール心理カウンセリング【精神療法・人生指針】/加藤直樹

神奈川県大磯町にある相談所です。人間を理解するための専門所であり、悩み・精神状態の相談所です。わかってもらえない苦しみを減らしていき、人間を学び、思慮を深め、どう生きるかを考えながら人間的成長をしていく所です。深層心理学・臨床心理学・発達心理学・精神分析・文化人類学などの専門。家族や夫婦の相談、子どもの心の相談。精神症状や心の病などの相談。TEL 0463-62-0325 加藤直樹

苦労

私のわがままは許されるべきという思い

若い頃に大変な苦労や長期のつらい体験をしますと、「一番楽しい若い時期を楽しめずに失った」という恨みの気持ちが起こることがあります。 そうすると、「私は若い頃に好きなこともできなかったんだから、これくらいのわがままをいったって許されるべき」と…

歳相応の辛さや苦しさ、悲しさや悔しさがある

若いときには若いときの、歳がいったら歳がいったときの辛さや苦しさ、悲しさや悔しさなど色々ありますから、いつでも話しにいらしてください。

苦しいときにはサポートします

苦しいときにはサポートしますので、いつでもおっしゃってください。

苦労は誰かと一緒にする

どんなことでも一人で頑張り続けていれば、そのうち耐えられなくなります。 誰かが見ていてくれるから、誰かがわかってくれているから、頑張りも続けることができます。 だから苦労は誰かと一緒にするものです。 そういう人がいないという場合には、頑張って…

無理に苦しい経験をしても精神は鍛えられない

無理につらいことや苦しいことを体験したからといって、精神が鍛えられるわけではありません。

苦労をすることによって身につくもの

苦労をすれば、それによって他人の苦労の気持ちが分かるという面もあるでしょう。 それと同時に、苦労をしたせいで「私は苦労をしてきた」といった僻(ひが)みが生じたり、「苦労をしてない人はダメだ」といった狭い考えが生じる面もあります。

相手にも自分と同じように苦労してもらいたい

自分が苦しいときには、相手にも同じように苦労してもらって、自分の苦しみをわかってもらいたいと感じるときもあります。

「苦労をバネにする」といった言い回し

「苦労をバネにする」といったような言い回しは、感動話や美談が好きな人にはたまらないでしょうが、苦労をしすぎたために引き起こされる問題の側面については、語られないことが多いです。

心理療法を受けて人間的な感情が戻ってくる

心理療法を受けますと、自身が本来もっていた人間的な感情がクライエントに戻ってきます。 クライエントが泣いたり、怒ったり、突っかかってきたり、そして笑ったりしはじめて、「ああ、感情が通ったな」と私は感じるのです。 それまでは「つらい」とか「苦…

とりこし苦労が多くて疲れやすい

罪悪感や罪業感が非常に強く出る場合は、自分が悪いこともしていないにもかかわらず、自分が何かまずいことをしたのではないかと不安になってしまいますから、とりこし苦労が多くなり疲れやすくなります。