加藤直樹の深層心理学/精神分析・健康相談

神奈川県大磯町にある心理相談所 ご予約はこちら TEL 0463-62-0325

苦労

無理に苦しい経験をしても精神は鍛えられない

無理につらいことや苦しいことを体験したからといって、精神が鍛えられるわけではありません。

苦労をすることによって身につくもの

苦労をすれば、それによって他人の苦労の気持ちが分かるという面もあるでしょう。 それと同時に、苦労をしたせいで「自分は苦労をした」といった僻(ひが)みが生じたり、「苦労をしない人は他人の気持ちがわからない」といった狭い考えが生じる面もあります…

相手にも同じように苦労してもらいたい

自分が苦しいときには、相手にも同じように苦労してもらって、自分の苦しみをわかってもらいたいと思う時もあります。

「苦労をバネにする」といった言い回し

「苦労をバネにする」といったような言い回しは感動話や美談が好きな人にはたまらないでしょうが、苦労をしすぎたために引き起こされる悪い側面についても考える必要があります。

その人本来の生の感情が戻ってくる

心理療法を受けていただきますと、相談に来られた人が本来もっていた人間的な生の感情が戻ってきます。泣いたり、怒ったり、突っかかってきたり、そして笑ったりし始めて、「ああ、感情が通ったな」と感じる。 それまでは「つらい」とか「苦しい」という気持…

とりこし苦労が多くて疲れやすい

罪悪感や罪業感が非常に強く出る場合は、自分が悪いこともしていないにもかかわらず、自分が何かまずいことをしたのではないかと不安になってしまいますから、とりこし苦労が多くなり疲れやすくなります。