読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

加藤直樹の心理相談・治療|ヴェール深層心理

神奈川県大磯町にあるヴェール心理カウンセリング TEL 0463-62-0325

友達に謝りのメールやメッセージを送り続ける

友達相手と言い合いなどをして仲が悪くなった場合、自分のほうに落ち度があったと感じれば、きちんと謝って仲を戻そうとします。そうしても相手が仲を戻す気がない場合には相手から返事が来なかったりします。 そうした場合は仕方がないので、こちらは諦める…

対人過敏からの自責感の増大

対人過敏が強まると、「人に気を遣わせたくない」とか「相手を嫌な気持ちにさせたくない」という気持ちが増大して、自分を責める気持ちが強まることがあります。 また逆の場合もあって、自責感が強まると対人過敏になることがあります。

思春期妄想症 -自己視線恐怖や醜形恐怖-

思春期には特異な思考や気持ちが生まれたりします。たとえば、自分の体が臭っているんじゃないかという自己臭恐怖や、自分の視線が相手に嫌な感じを与えているじゃないかという自己視線恐怖や自分の不細工な顔が相手を不快にしているじゃないかという醜形恐…

とりこし苦労が多くて疲れやすい

罪悪感や罪業感が非常に強く出る場合は、自分が悪いこともしていないにもかかわらず、自分が何かまずいことをしたのではないかと不安になってしまいますから、とりこし苦労が多くなり疲れやすくなります。

嫉妬とその後の自省

嫉妬は強力な感情ですから、自分の好きな人の周りにいる異性を排除しようとします。そうやって自分の占有欲を満たしたりするわけですけれど、自省が働く場合は、そういう行動をした自分に問題があると感じ、自分を責め始めます。その自省によって、たとえば…

つねに自分が悪いと感じてしまう自責感情

何か問題が起こったときに、「私に問題があります」と責任をとる姿は人格的にとても素晴らしい。ほとんどの人が大人だなあと思うでしょう。男女関係においても揉め事が起こったときに、「私の方が悪かった」と責任をとれば、とった方が大人でいられます。 し…

つらい記憶が人生の一部になっていく過程

つらい記憶というのは、なかなか人生のなかに組み込まれないものです。自分の体験から外したいという思いがありますから、人生の一部として成っていかないのです。しかし人間というのは何とかして自分を癒すために、その記憶を人生のなかに組み込もうとしま…

心の病と人格障害の攻撃性

心の病の場合、攻撃性の多くが自分に向かいますから、自分が悪いと感じたり自分を責めたりすることが多くなります。一方で人格障害の場合は、攻撃性が外側に向かいますから、あいつが悪いとか人を責めたりすることが多くなります。

「世の中に役に立たなければ」という強迫的な自責感

「私は世の中の役に立っていない」と悩んでいる人はたくさんおられます。世の中の役に立ってないので私は生きている価値がないと考えてしまうのは、自分自身に対する厳しさが強化されたためです。あまりにも自分自身に厳しくなってしまったために心のなかで…