加藤直樹の深層心理学/精神分析・健康相談

神奈川県大磯町にある心理相談所 ご予約はこちら TEL 0463-62-0325

自慢

手柄を立てたい人は心理カウンセラーに向いていない

「この患者は私が治したのだ」と言わんばかりに手柄を立てたい人や、「患者をたくさん治してきた」「たくさんのクライエントを導いてきた」と自慢したい人は、心理カウンセラーには向いていません。

自慢をしたくなったら

自慢をしたくなったら私がお聴きします。

ニュースを見聞きして非難や批判を言うことが癖になっている

非難や批判を言うことが癖になっている人がおられます。 世の中で起こった出来事や事件などをニュース番組で見聞きしては、それに対する非難や批判を人に聞かせたり、SNSに書き込んだりする。 癖になっていますから、出来事や事件の背景などはほとんど考えず…

権利じゃなくて特権があると勘違いしている

「私には~する権利がある」とか、「これは私のものなんだから何をしてもいいはず」などと言いたくなる時もあります。 ただその際に「権利」を超えて、いきすぎた要求を無自覚にしてしまっている場合もあるかもしれません。 つまり、「権利じゃなくて特権が…

「ひがみ」や「背伸び(見栄)」が出てしまう

もっと自分のことに関心をもってもらいたいという気持ちが強くあったり、自分のことをもっとわかってもらいたいという気持ちが強くあれば、「ひがみ」や「背伸び(見栄)」が出てしまうこともあります。

体験して知ったことを人に教えたくなる

私たちは何かを体験すると、そのことについてはもう知っている、理解したと勘違いしてしまいがちです。 そして、そのことを人に教えたくなります。 ある出来事を一時的に体験したに過ぎないのにです。

自慢話が口から出てくる

自慢話というのは聴いていて心地よいものではありません。 度が過ぎれば聞かされている方はうんざりしてきます。 自慢話が口からたくさん出てくるということは、自分のことをもっと分かってほしいという気持ちがどこかにあるからでしょう。 遊ぶ仲間や友人は…

自分を知ると自分の足りていない部分がみえてくる

自分を知れば知るほど自分の足りていない部分がみえてきます。 そうすると周りの人への感謝の気持ちもでてきますし、謙虚になろうという気持ちもでてきます。

お酒をたくさん飲めるという自慢

「酒豪だ」なんてよく言ったしりします。お酒をたくさん飲める人は、口からはたくさん飲めるかもしれませんけれども、身体はアルコールを処理しきれずに悲鳴を上げているかもしれないのです。

ありのままの自分を受け入れること

「ありのままの自分を受け入れること」を「向上心がないこと」と同じことと考えている人がおられますが、そうではありません。「ありのままの自分を受け入れること」は、現状の自分と、いま自分が感じている気持ちをそのまま受け入れることです。ありのまま…