ヴェール心理カウンセリング【人間の深層】/加藤直樹

神奈川県大磯町にある相談所です。人間を理解するための専門所であり、悩み・精神状態の相談所です。わかってもらえない苦しみを減らしていき、人間を学び、思慮を深め、どう生きるかを考えながら人間的成長をしていく所です。深層心理学・臨床心理学・発達心理学・精神分析・文化人類学などの専門。家族や夫婦の相談、子育てや子どもの心の相談。精神症状や心の病などの相談。TEL 0463-62-0325 加藤直樹

自己規範・自己厳格・自制心

自分を律する力を高く評価する「自制心信仰」

自分を律している人はすごく偉い、あるいは自分を律することはとてもすばらしいことである、という考えを信じ込んでいるのが「自制心信仰」です。 自制心があることや自制心が強いことを本質も知らずに闇雲に高く評価し、自制心がないことや自制心が弱いこと…

勉強や仕事を無理してやり続けて症状が治らない

日々の勉強や研究、仕事や作業などを頑張りすぎて心身の具合を悪くされ、症状が治らず慢性的になってしまっている場合が多くみられます。 また無理が高じて、死にたくなってしまっている人も多くみられます。 自分に対する厳しさや頑張りを緩(ゆる)められ…

摂食障害における「完璧に自分を仕上げよう」とする気持ち

摂食障害になる人たちは自分に対して非常に厳しくなっています。 自分に対する善悪が非常に明確になっていて、完璧なまでに「自分を仕上げよう」となっていることが多くみられます。 それゆえ、日々の生活を好き勝手に適当に暮らすような状態でいることがで…

曲がったことが大嫌いな性格

「曲がったことが大嫌い」という人は、あまりにも正しいことを貫き通そうとするために、人とぶつかることが多くなります。 また、周りにいる人を怖がらせてしまったり委縮させてしまうこともあります。

完璧主義な性格を変えたい相談

完璧主義な性格を変えていきたいという人はご相談ください。

気づかないうちに自分に厳しい「習慣」を課している

私たちはこの世の中に生きていると気づかないうちに、理由もなく自分に厳しい「習慣」を課していたりします。 それで息苦しくなっていたり、生きづらくなっていたりすることがあります。

自分をしっかりさせようとしすぎる行為

自分をしっかりさせようとか、自分をぶれさせないようにしようと考えることがあるかもしれません。 ただ、それがあまりにも極端すぎると思考が固定され、柔軟性が失われて頑固になりがちです。 そしてその傾向が健康を損なわせる場合もあります。

できないことには“こだわらない”

できないことには“こだわらない”ことも大切です。 難しいことを成し遂げて達成感を味わうことも一つの喜び・楽しみですが、だからといってそこに“こだわらなくても”いい。

自分に厳しくするのが当たり前になっている

自分に厳しくするのが当たり前になっていて、つねに自分を統制した生き方になっていると、自分は本当は何をしたいのか、本当は何を欲しているのか分からなくなります。 そしてそれゆえ、人との関係もよく分からない状態になりがちです。

友達や知り合い全員から好かれなければいけないという考え

人にとても優しい人は、「友達や知り合い全員から好かれなければいけない」という強迫的な考えが生じることがあります。 友達が10人いたら10人全員から好かれないと自分は人間としてダメなんじゃないかと考えてしまう。 10人のうちのたった1人でも自分のこと…

自分に厳しい生き方を相手に強要しない

自分自身に厳しい生き方をしている人は、それを自らしているわけですから、自分だけがすればいいことです。 相手にそれを強要することではありません。 自分に厳しい生き方を課している人はたいてい周りにいる人に、例えば職場の人や友人、配偶者や子どもに…

強すぎる自己義務感による不健康

自分を甘えさせることができなくて辛(つら)くなってしまう、という人はとても多くみられます。 どうしても自分に厳しくしてしまい、これをやり遂げなければ自分の価値はない、とか、結果を出すまで頑張り続ける、といったような傾向があります。 もちろん…

自分だけ悪いことをしない意志の強さ

心理相談に来られる人のなかには、周りのみんなが悪いことをやってる中にいて一人、その悪いことをやらないといった意志の強さや自己規範の厳格さがみられることがあります。 とはいっても、まったく悪いことをしないわけではなくて、自分で「これは良くない…

自分自身の仕事への厳しさ

自分自身の仕事への態度を厳しくしている人はたくさんおられます。弱音を吐かないとか愚痴を言わないとか、またはお金をもらう以上は期待以上の成果を出すとか。ご自身がそういう考えでお仕事をされるのはそれで結構だと思います。 だた、そうした自分への厳…