読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

加藤直樹の心理相談・治療|ヴェール深層心理

神奈川県大磯町にあるヴェール心理カウンセリング TEL 0463-62-0325

「私は相談はしない、いらない」と言っている場合

自分で解決できるから、自分で解答を出せるからという理由で「自分は相談する必要がない」と考えている人がおられますが、そういう人は本当に心理療法家に相談するのがいいでしょう。 一般的には「自分の力だけで解決できると頭が良い」と考えられていますが…

教える仕事をしている人が気をつけないといけないところ

人にものを教える仕事をしている人は、よほど注意をしていないと、気づかないうちに偉そうな物言いになってしまいがちです。

自分の性格がどうやって形成されたかを知りたい時の相談

自分がどんな性格かといったことに興味がある人は多いと思いますが、その性格がどうやって形成されたかということまで踏み込んで考える人はあまりいません。それを知りたい方はご依頼ください。

人と出会うことによる自分の変化

人と出会うことは世の中には様々な人がいることを知ることになります。 様々な人を知るとことは、その人たちから様々なことを得ることになり、自分が肉付けされてくる側面があると同時に、自分を失う側面もあります。

人を助けたい気持ちの本質を知る

自分がいろいろと苦労をしてくると、「同じような苦労をしている人を助けたい」と考えるようになることが多いものです。そして現実に他人を助けだそうとして、相手の世話を焼くわけですけれども、しかし実際には、自分の苦労した世界に相手を引き込んでしま…

自分を知ることによって衝動が抑えられる

自分のことを深く知るようになりますと衝動的な行動をすることが少なくなります。衝動がなくなるわけではありませんが、衝動に振り回されないようになってきます。 自分をよく知らない時期は衝動に突き動かされて、よからぬ事を言ったり、やったりしてしまう…

人にわかってもらいたい気持ちが気づかないうちに出ている

自分が自分自身に気づいている以上に、人は自分のことを相手にわかってもらいたいという願望をもっています。そしてその気持ちは自分が気づかないうちに、別の言動としてあらわれているものです。

専門家がおこなう心理分析とは

私が心理分析といいますと、ほとんどのかたが「私は心を読まれているんですか?」と言われたりします。一般的に心理分析は「あなたにはこういう性格傾向があり、こういう考えをもっています」というようにその人の細部を指摘するようなものだと思われている…

精神的に成長するときに

精神的に成長するときには、「自分は何なのか?」「自分は何をしているのか?」ということで悩みますから、情緒が不安定になったり、矛盾した行動が起こります。そしてそういう過程を経て、自分への理解が進むと、気持ちが安定した段階に入っていきます。

厳しいことを言われた後の優しさに魅了される

ずっと厳しいことを言われ続けてきて、最後に優しい言葉をかけられると、今まで苦労させられてきたことが忘れたように消え、その人のことを優しいと感じてしまいます。 これは非常にやっかいなもので、生い立ちで苦労してきた人や、努力や頑張ることが好きな…

あの人はくだらないことをしていると感じるときに

「あの人はくだらないことをしている」と見下したくなることもあるでしょう。でも、自分も他人から見れば何かしらくだらないことをしているものです。

何も持たず死んでいく

映画『ベンジャミン・バトン』の中で、こういうセリフがあります。「生まれたときと同じように、何も持たず死んでいく」。何も持たずに生まれてきたのだから、死ぬときも何も持たずに死ぬ。私たちは多くのモノを持ちすぎてしまって、自分が何だか分からなく…

モヤモヤした感覚を理解していく

モヤモヤっとした感覚は本人だけが感じているものです。本人にしてみれば言葉では表現しづらく、なんだか分からないけれど何か違和感があったり、しっくりこないという感じです。なにかがわからないから「モヤモヤ」という感覚になっています。 そういう時に…

自分のことは干渉されたくないけど、相手のことは干渉したい

私たちは、自分自身のことについてはあまり干渉されたくないという気持ちがありますが、相手のことには干渉したくなったりします。 たとえば自分が煙草を吸っていて、相手から「やめた方がいい」などと言われると、「大きなお世話」と言いたくなりますが、相…

こころを磨くのは大変

「こころもからだも磨く」なんて世間では簡単に言いますけど、こころを磨こうと思ったら何年もかかりますからとても大変なことです。 からだを磨くのは運動したりスポーツをしたりして体を鍛えたり、また生活態度を気をつけたり、あるいはエステにいったりな…

人の相談をうけるだけでなく、自分自身も相談をすること

人の相談を受けている人は、自分自身も専門家に相談をすることが望ましいです。自分の心を和ませるのと同時に、自分についていろいろと知る機会にもなります。

相手にラベルを貼ると自分の心が安らぐ

人を理解する際に、相手の話をじっくり聞いたり行動を共にしたりして、長い時間をかけてちゃんと知っていくというのは大変なことです。 そのため、人というのは相手のことをパッと知りたいのです。この人はどういう人かということを時間をかけずに知りたい。…

わざわざ遠くに出かける行動

わざわざ「遠くに出かけよう」としていた行動が、それは「見たくない自分を自分自身から遠ざけようとしていたのではないか」と、ふと気づくことがあります。

お酒をたくさん飲めるという自慢

「酒豪だ」なんてよく言ったしりします。お酒をたくさん飲める人は、口からはたくさん飲めるかもしれませんけれども、身体はアルコールを処理しきれずに悲鳴を上げているかもしれないのです。

自分と一緒に考えてくれる人間としての関係

誰かが悩みの相談をしますとね、世間によくある回答というのは「友達をもったほうがいい」とか「趣味をもつべき」などといったアドバイスです。悩みが深い人にとって、こうした薄っぺらいアドバイスは必要ではないのです。 何が薄っぺらいかというと、まず一…