読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

加藤直樹の心理相談・治療|ヴェール深層心理

神奈川県大磯町にあるヴェール心理カウンセリング TEL 0463-62-0325

心理カウンセラー自身がカウンセリングを受けて自分をもっと深く知る

心理カウンセリングを学ぶ人はたくさんおりますけれども、その人たちが心理カウンセリングを受けているかというとあまり受けていません。学ぶことはするけれども、受けることはしていない。つまり、カウンセリングの知識や技術は知っているけれども、自分自…

心理を知らずして自分を知ろうとしても迷子になる

心理を知らない状態で自分を知ろうとしても、探れば探るほど自分のことが分からなくなってきます。心がどういうものかがわかっていないのですから、ガイドなしでは心の世界の中で迷子になってしまうのです。

病気になって自分のことを深く考える

病気になりますと自分のことを深く考えるようになりますでしょう。 「なぜ自分が病気になるのか」という問いから始まり、「なぜ自分が存在するのか」「自分とは何か」という問いが生じてきて、自分の意義を考えざるを得なくなります。

見た目や格好から言葉へと自己表現が変わる

若い時は自分の考えを言葉で表現するのが難しいですし、まだ得意分野を持っていないことが多いですから、見た目や行動で自分を表現しようとします。 たとえば髪型で表現したり、服装や持ち物で自分を表したりする。つまり、相手からどんなふうに見られている…

心理カウンセラーを探すという作業

人生に行き詰まりを感じていて、心理カウンセリングを受けようかどうか悩んでいる人も少なくありません。自分にあったカウンセラーを見つけるのは難しいですが、その「探す」という作業にも意味があります。

考えることの意味

考えるということは、まさに「考える」ことであって、答えを求めることではありません。考えるというと、その先に解答があるように感じてしまいますが、それを手に入れるために考えるわけではありません。さらに言えば、考えることは「答えがない」というこ…

自分だけの人生じゃない

長く生きていますと、人生は自分の人生だけれども、自分だけの人生じゃないんだなと感じてきます。それは子どものためとか家族のために生きるといった狭い意味ではなく、地球のうえで人類を支えている一人なんだなあという認識です。

一緒に悩みや症状を考えてくれる人の存在

今起こっている問題や症状の原因というのは「一つ」ではありません。自分のことがだんだんわかってくると、それに気づいてきます。しかし「なぜ自分がこうなったのか?」ということは、一人ではなかなか分からないのです。 「一緒に考えてくれる」、そういう…

どう生きるべきかを考え始める

自分の周りで起きたある出来事や問題をきっかけにして、自分がどう生きるべきかを考え始める人もおられます。 その出来事や問題自体は自分にとって困ったことなのだけれども、そのおかげで、世間と同じような生き方に自分がとらわれていたことに気づき、これ…

カウンセリングの学習は自分についてもっと探求する

心理カウンセリングを学びたい、あるいは学んでいる人たちは、知識だとかテクニックだけに囚(とら)われるのではなくて、自分についてもっと学ぶことが必要です。自分が今どんな行動をとっているのか、自分はどんな言葉づかいでどんなことを話しているのか…

自分と一緒に考えてくれる人間としての関係

誰かが悩みの相談をしますとね、世間によくある回答というのは「友達をもったほうがいい」とか「趣味をもつべき」などといったアドバイスです。悩みが深い人にとって、こうした薄っぺらいアドバイスは必要ではないのです。 何が薄っぺらいかというと、まず一…

自分をわかってくれる人はいないだろうか

「どこかに自分をわかってくれる人はいないだろうか」、「どこかに気持ちを聴いてくれる人はいないだろうか」と切実に思っている人は少なくありません。ただ、ほとんどの人はそれを口に出して言いませんから周りの人にはわからないものです。そういう人ほど…