読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

加藤直樹の心理相談・治療|ヴェール深層心理

神奈川県大磯町にあるヴェール心理カウンセリング TEL 0463-62-0325

自分の精神的な成長が進んで相手の対応も変わってくる

「あの人はこういう性格だから、こういうふうに接しよう」と決めてしまいますと、それ以上、相手のことを深く知ることをやめ、相手との関係状態も固定されたものになってしまいます。 そうすると当然、自分も固定されてしまって精神的な成長は進みません。 …

自分を知ると自分の不完全さがみえてくる

自分を知れば知るほど自分の不完全さがみえてきます。そうすると周りの人への感謝の気持ちもでてきますし、自分は謙虚になろうという気持ちもでてきます。

求めらる柔軟性と変革への悩み

世の中や社会へ出ていれば、とくに多くの人と仕事をしていれば人間としての柔軟性や変革をつねに求められます。そうなると当然、悩みは次から次へと出てきます。 なぜなら普段の生活において私たちは自分自身の安定性を求めていたり自分の考えを守ろうとして…

自分が変わるのは一回死んで再生するくらいの体験

心が治るとか性格が変わるというのは凄まじいことで、たとえて言うならば一回死んで再生するくらいの体験です。そのくらいじゃないと人間は変わらない。「ちょっと何かをして自分を変えてみよう」というくらいではびくともしない。 だから皆さん何かを始めて…

自分が変わっていくために

自分を変えようと思ってもなかなか変わらなかったり、あるいはどうして良いか分からないということが多いものです。自分が変わるためには、まず今の自分をまるごと受け入れてくれる人の存在が必要で、その素地があってはじめて“そこから”自分が変わっていけ…

自分を変えようと思っても変えられない

「相手を変えるには、まず自分から」というのは、相手の対応や周りの環境をつくっているのは自分自身だから、その自分が変われば相手も変わる、ということでしょう。 たしかにその通りでしょうし、ほとんどの人がそれをわかっていると思うのですが、しかし、…

「私はこう生きるんだ!」と宣言しているとき

「私はこう生きるんだ!」と宣言している時というのは、相当悩んでいる時なのだと思います。いろいろなものがバーッと自分の上にのしかかってきて、ものすごく悩んでいる。そうでなければ、わざわざ「私はこう生きる!」なんて言わないですから。

好きな自分と嫌いな自分

「今の自分をこういうふうに変えたい」という気持ちがあるということは、裏を返せば、「今の自分は嫌い」あるいは「好きじゃない」ということですから、今の自分を自分が受け入れていない、ということになります。また、自分を受け入れるか受け入れないかの…

「私は変わった!」と感じているとき

「私は変わった!」と感じているときが、たいてい精神的に危なっかしく情緒が安定していないときです。

自分にふさわしくない所に出入りする

自分にふさわしくない所には出入りしないことが生きる上では大切です。ただ、自分に自信がなかったり、自分自身を貶(おとし)めていたり、あるいは自分を変えようともがいていたりする時は、自分にふさわしくない所に出入りしてしまうことがよくみられます。

相手を変えようとしてイライラする気持ち

自分を変えたいと考えて、自分を変えてみようとする人も多いでしょう。しかし大抵うまくいかず、描いていた理想通りに自分を変えられなくて怒りがわいてきたりします。その怒りは自分に向わずに相手に向うことがありまして、その場合は、自分を変えられない…