読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

加藤直樹の心理相談・治療|ヴェール深層心理

神奈川県大磯町にあるヴェール心理カウンセリング TEL 0463-62-0325

自分のしたいことがあってもそれをしない、という考え

「自分のしたいことがあってもそれをしない」という考えを持つことも大切です。自分がしたいことをしないから相手がしたいことをできる。 現代は、「夢を叶える」という名目のもと、自分のしたいことをして欲を満たすことが流行っていますが、自分がしたいこ…

コミュニケーション能力を上げるための訓練

研修やセミナーなどで、「コミュニケーション講習」といったのがよくあります。そうしたものは「こういうことを話したらいい」とか、「こういう話し方や聞き方をしたらいい」、あるいは「こんな態度をとるといい」といったようなことを学ぶことが多いですが…

「人生戦略」などという言葉

精神的に若かったり未熟な場合、人生を勝ち負けで判断しがちです。たとえばそれは、自己啓発セミナーなどにおける「人生戦略」などといった言葉にも表れています。 わたしたちは何ゆえに生きているのかをもっと深く考える必要があるでしょう。

「人は裏切るけれど物や食べ物は裏切らない」という発言

「人は裏切るけれど物や食べ物は裏切らない」という言葉が口から出るということは、自分が相手から裏切られてつらい思いをしたということでしょう。 しかし一方で、自分も気づかないうちに相手を裏切る行為をしているものです。相手からのメッセージを無視す…

完璧な自分などつくれない

完璧な自分なんてつくれないですし、完璧な人間もこの世には存在しません。しかしながら、そういう完璧な状態をどこかで望んでしまうのでしょう。

相手のネガティブな発言を聞いていられずに止めてしまう

相手が「あれもできない」「これもできない」と話をする場合、それを聞いている方は「ネガティブなことばかり言ってないで、実際にやってみたらどうなの?」と言いたくなる人がほとんどでしょう。 人はあまりにもネガティブなことを聞いているとイライラして…

品位は顔にも言葉にも出る

世間でよく言われるように、歳を経てくると「品位」というのが顔にも出ますし、ちょっとした言葉にも出るようになります。 品位というのは時々勘違いされますけど、オーラとかキラキラ輝いているとか、そういうものではありません。 つつましさとか奥ゆかし…

考えを深める体験をしておく

困ったときに相談や質問をして、パッと答えてくれる人がいてくれるのはありがたいですし、時には必要です。一方で、いつもそのようにして人から答えをもらって、わかったような気になってしまうと浅いところで解決してしまいますから思考が深まりません。 そ…

正しいことと間違っていることを区別しなくなってくる

自己が深いところに達してくるようになると、「正しいこと」と「間違っていること」を厳密に区別することはなくなってきます。

家庭環境に恵まれなくて自己啓発しても自分が変わっていかない

家庭環境に恵まれなかった人たちの多くが、自分自身が心理的な問題を抱えていることに気づいています。人に嫉妬したり、人を疑ったり、人を裏切ってしまったり、約束を破ったり、相手を怒らせたり、相手を罵倒してしまったりして、人間関係をうまく平穏に継…

悔しさを悔しさのまま吐き出すことも大事

世間では「悔しさをバネにして頑張った」と言われるのよく聞きます。その本人にとっては悔しさを糧に活力を生み出したのでしょう。 それもある程度は大事なことですが、しかしあんまり悔しさがつのってくると、心が腐ってしまうこともあります。 悔しいとい…

精神的成長とはどういうことか

精神的成長とは、自分自身を深く理解し、自分自身を省みれる能力を身につけていくことだと私は考えています。

「乗り越えられない壁はない」と言える時

「乗り越えられない壁はない」と言える時は、だいたい自分の気づかないところで周りのみんなが助けてくれていたりします。だから「どんな困難でもおそらく大丈夫」と感じられるのです。そう感じられる人は幸せ者です。

性格という枠から抜け出していない

みなさんの多くが自分の性格を変えようと色々試みて、「この性格はこうやって変えて、あの性格はこう変えて・・・」とやったりするわけですけど、なかなか変わりません。 というのも、性格という枠のなかで考えを変えたり、行動を変えたりしているだけだから、…

自分のしていることに自覚がないとアドバイスをもらっても活かせない

自分のしていることを自覚していないと、いくら良いアドバイスをもらっても、それを活かすことは難しいでしょう。人からアドバイスをしてもらって実践しているのに、うまくいかないのでしたら、アドバイスが本当の意味では活きていないのかもしれません。で…

「こう考えたらいい」とうたう人生論の本を読みたがる場合に

人生について書かれた書籍などにありがちなのは、「こういうことをやったらいい」とか「こう考えたらいい」などと書かれたものです。そういうものを読みますと、参考になったりヒントをもらったように感じて、次から私もこれを実践しようなどと考えてしまう…

自己向上に励み、相手の分析ばかりしている

自分が能力的に向上することにばかり精を出していますと、相手を分析したり診断したりする傾向が強くなり、相手の気持ちを深く考えたり、相手に寄り添って話を聴くということがおろそかになりがちです。

何のために向上しようとしているのか

私たちは向上志向や上昇志向が身に染みついていますから、何かしら向上していくことが良いことのように考えています。しかし今一度、深く考えなければいけないのは、「何のために向上しようとしているのか」ということです。 といいますのも、自分は向上した…

心を磨くことはつらい作業

心を磨くってみなさん簡単に言いますけれども、心を磨くことは本当につらい作業です。そんなことはないと考えているかたは、うちにいらしたらいいと思います。心を磨いている間にやめたくなりますから。

自分を変えようと思っても変えられない

「相手を変えるには、まず自分から」というのは、相手の対応や周りの環境をつくっているのは自分自身だから、その自分が変われば相手も変わる、ということでしょう。 たしかにその通りでしょうし、ほとんどの人がそれをわかっていると思うのですが、しかし、…

ビジネスセミナーなどで自己向上欲求を煽(あお)る

ビジネスセミナーなどで、特に若い社会人向けにキャリアアップとかパーソナルブランディングといったようなことをしきりにうたっているのが見られます。人が元々もっている「自分の価値を高めたい」「もっとすごい人になりたい」という自己向上欲求を煽(あ…

自分にふさわしくない人たちと過ごしていること

よく世間に流布している「人生を変えるためにやめるべきことリスト」といったようなものに、「自分にふさわしくない人たちと過ごすのをやめなさい。」などといったことが書かれていたりします。 こういうのを読んで、「ああ、私は良くない人たちと一緒につる…

素晴らしい人として背伸びして生きている

「素晴らしい人格者にならなければいけない」と考えて背伸びをして生きていることが、窮屈さをつくりだし、そして不満を生み出し、そしてイライラを生じさせていたりします。