深層心理と人間理解/加藤直樹の「ヴェール心理」 ・大磯

神奈川県大磯町にある心理専門所  ご面談はこちらまで TEL 0463-62-0325

自己受容

自分のことを語って自分を確認してみる

月に一度や二度くらい、自分のことを心理療法家に語って自分を確認してみると、気持ちを整理できていいと思います。

「あるがままの自分」とは

「あるがままの自分」というのは、自分の気持ちを素直に感じて、そういう気持ちになる自分を自分が受け入れるということです。 「あるがままに振舞ったら、わがままで自分勝手になってしまうのではないか」と心配する人もいますが、振舞うのではありません。…

ありのままの自分を受け入れてくれる人の存在

どんな人だって、いま悩んでいる問題の原因が「自分にある」と認めるのはつらいことです。それが簡単にできるなら苦労はしません。 でもだいたい本人も薄々気づいているのです、自分に原因があるんだろうって。そうわかっていても自分のなかに受け入れられな…

頑張る私と頑張らない私

「頑張る私は認めてもらえるけど、頑張らない私は認めてもらえない」、これでは人間は生きていかれないのでして、両方の私を受け入れてもらえるからこそ生きていかれのです。

苦手意識を理解して、苦手なものをどうするかを考えていく

苦手意識というのは当然出てくるものですから、「苦手意識を持ってはいけない」なんてことはありません。私はこれが苦手なんだと自分でしっかりと理解して、そこから自分はどうするのかを考えればいいわけです。

心理療法や心理カウンセリングは臨床家とのやり取りを体感するもの

心理療法や心理カウンセリングを受けることの本質は、クライエントが頭脳で心理の理屈を理解するものではなく、臨床家との出会いや人間的なやり取りを体感するものです。臨床家とさまざまな語り合いをするあいだにクライエントのなかで変化が起こったり、何…

他の人と同じようになろうとする努力

「私という人間は私だ」と思っている人がほとんどでしょうが、自分自身になるということは実はとても難しいことです。とくに若い頃は「なんとかして他の人と同じようになろう」と努力しますから、すごくつらくなったりすることがあります。 自分は自分でいい…

ご自身を語る時間

私のところでは「ご自身を語る時間」がありますので、じっくり自分のことを語りたいというかたは、ご依頼ください。

好きな自分と嫌いな自分

「今の自分をこういうふうに変えたい」という気持ちがあるということは、裏を返せば、「今の自分は嫌い」あるいは「好きじゃない」ということですから、今の自分を自分が受け入れていない、ということになります。また、自分を受け入れるか受け入れないかの…

ありのままの自分を受け入れること

「ありのままの自分を受け入れること」を「向上心がないこと」と同じことと考えている人がおられますが、そうではありません。「ありのままの自分を受け入れること」は、現状の自分と、いま自分が感じている気持ちをそのまま受け入れることです。ありのまま…