加藤直樹のヴェール心理カウンセリング/人間の理解

神奈川県大磯町にある心理相談所・心理療法 ご予約はこちら TEL 0463-62-0325

自信

向上心は高いが自身の内面をみるのが苦手

自信が過剰になりますと、自分は正しくてしっかりしているという意識になりますから、自身の主義主張を通したり、自慢をしがちです。 その傾向が強い人は我が強くて気も強く、サバサバした感じでつき合いやすいのですが、一方でバッサバッサと人との縁や関係…

自信がない状態では人に従いやすく、自信がある状態では人の意見を聞かない

自信があまりない状態では、自分の意見よりも他人の意見の方が正しいと思えるので、相手の言うことに従いやすくなります。 自信がある状態では、他人の意見よりも自分の意見の方が正しいと思えるので、相手の話を聞かずに我を通しがちです。

「それでいいんだよ」と言われることで

私たちは自分のやったことに対して、人から「そう、それでいいんだよ」と言われることによって、徐々に精神的な安定さがつくられてきます。 そういう安定さがあるからこそ、人の目を気にして緊張しなくても、自分の行動に自信をもてるようになります。

恋愛がうまくいかない時の自己評価の低下

恋愛が全然うまくいかないと、自分は人間としてダメなんじゃないかと考えて落ち込んでしまうこともあります。そのようなときは私に気持ちを話してください。

苦手意識を理解して、苦手なものをどうするかを考えていく

苦手意識というのは当然出てくるものですから、「苦手意識を持ってはいけない」なんてことはありません。 私はこれが苦手なんだと自分でしっかりと理解して、そこから自分はどうするのかを考えればいいのです。

自信は他人によってつくられてくる

私たちの「自信」というものは他人に依存しています。 周りにいる人達から認めてもらえることによって自信を強化・維持できています。 現実に自分が凄いか凄くないかというよりも、自分のことをきちんとわかって受けいれてくれる人がいるかどうかによって自…

自分にとって良いことをしていると思っている時

誰でも何かをする時に、自分にとって良いことをするのであって、わざわざ損することや間違ったことをやる人はまずいないはずです。 ですから、自分が「これをしよう」と思ったときは、それは自分にとって“いいことである”と思っているわけです。 物を買うに…

自分にふさわしくない所に出入りする

自分にふさわしくない所には出入りしないことが生きる上では大切です。ただ、自分に自信がなかったり、自分自身を貶(おとし)めていたり、あるいは自分を変えようともがいていたりする時は、自分にふさわしくない所に出入りしてしまうことがよくみられます。